検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年12月20日(日)のお告げの祈り 教皇フランシスコ 2020年12月20日(日)のお告げの祈り  (AFP or licensors)

教皇「帰国できない船員・漁業従事者たちに配慮を」

教皇フランシスコは、パンデミックの影響で上陸できない船員・漁業従事者らのために祈られた。

 フランシスコは、12月20日(日)正午の祈りをバチカンの広場の巡礼者たちと共に唱えられた。

 この集いで教皇は、パンデミックの影響で

祖国に戻れない船員・漁業従事者の存在に言及。

 海上で働く人々の多く、世界で40万人ほどが、本来の乗船期間を過ぎても、未だ船上に留められたまま、上陸・帰国できないでいる、その困難な状況を思われた。

 教皇は、試練に置かれたこれらすべての人々に、海の星、聖母マリアの慰めがあるように祈られた。

 また、教皇は、船員・漁業従事者たちが家族のもとに帰ることができるよう、各国の政府にできる限りの取り組みを願われた。

 教皇はこれまでも、新型コロナウイルスによる

パンデミックが船員・漁業従事者に与える影響を憂慮され、これらの人々のために祈り、この問題への関心と配慮をたびたび呼びかけてきた。 

20 12月 2020, 16:30