検索

Vatican News

教皇、船員と家族たちにメッセージ

教皇フランシスコは、パンデミックの影響下で、多くの犠牲を払いながら海で働く人々に、ビデオを通しメッセージをおくられた。

教皇フランシスコは、海で働く人々とその家族にビデオを通し、メッセージをおくられた。

教皇はこのメッセージを通し、新型コロナウイルスの影響で、長引く船上生活や感染のリスクなどに直面している多くの船員や漁業従事者らに、希望と慰めの祈りを約束すると共に、これらの人々と家族に祝福をおくられている。

海で働く人々に向け、教皇はビデオの中で次のように語られた。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

現在、世界は困難な時にあります。なぜならコロナウイルスの影響による苦しみと向き合う必要があるからです。

皆さんの船員、漁業従事者としての仕事は、大きな人類家族に食糧や他の必需品を保証するために、今やいっそう重要性を帯びています。そのためにわたしたちは皆さんに感謝しています。それは、また、わたしたちが皆さんの仕事が持つ危険を知っているからでもあります。

ここ数か月、皆さんの生活と仕事は著しく変化しました。皆さんは、多くの犠牲を払い、いまも払い続けています。下船できないままの船上での長い隔離生活、家族や友人、祖国からの離別、感染の怖れなど…、こうした要素はこれまでになく耐え難い重荷となっています。

わたしは皆さんに申し上げたいと思います。皆さんは独りではなく、忘れられた存在ではありません。海上での仕事が皆さんをしばしば遠くに隔てていても、皆さんは、わたしの祈りと思いの中にあり、それは船員司牧活動「ステラ・マリス」の司祭やボランティアたちにとっても同様です。福音書がイエスと最初の弟子たちについて語る時、福音そのものがわたしたちにそれを思い出させます。イエスの弟子たちは皆漁師でした。

今日、わたしは、皆さんが直面しているあらゆる困難に対して、メッセージと、希望の祈り、慰めと安らぎの祈りをおおくりしたいと思います。同時に、海で働く人々の司牧において皆さんと共に働く人々を励ましたいと思います。

主が皆さん一人ひとりと、皆さんの仕事、皆さんのご家族を祝福してくださいますように。海の星、おとめマリアが、皆さんをいつもお守りくださいますように。わたしも皆さんを祝福し、皆さんのためにお祈りしています。皆さんもわたしのために祈ることを忘れないでください。ありがとう。

18 6月 2020, 11:28