Cerca

Vatican News
若者テーマのシノドス後の「使徒的勧告」に署名する教皇フランシスコ 2019年3月25日 イタリア・ロレートで 若者テーマのシノドス後の「使徒的勧告」に署名する教皇フランシスコ 2019年3月25日 イタリア・ロレートで  (ANSA)

ロレート訪問:教皇、若者テーマのシノドス後の「使徒的勧告」に署名

教皇フランシスコは、訪問先のイタリア・ロレートで、若者をテーマとした昨秋のシノドス後の司牧方針を示す「使徒的勧告」に署名された。

教皇フランシスコは、典礼暦で「神のお告げ」を祝った3月25日、イタリア中部ロレートの聖母巡礼聖堂を訪問された。

この訪問で、教皇は巡礼聖堂に保存される、ナザレのマリアの家族が暮らし、マリアがそこで受胎告知を受けたと伝えられる家「サンタ・カーサ」に入られ、その中で長い祈りの時を持たれた。

その後、教皇は「サンタ・カーサ」の祭壇で、ミサを司式された。

ミサの終わりに、教皇は、昨年10月バチカンで開催された

「若者、信仰そして召命の識別」をテーマとした「世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会」後の、まとめおよび指針となる、「使徒的勧告」に署名。同文書を聖母に託された。

この日、教皇が署名した使徒的勧告「クリストゥス・ヴィヴィト」は、原文をスペイン語とし、若者への書簡の形をとっているという。

教皇が「使徒的勧告」をバチカンの外で署名した前例としては、聖ヨハネ・パウロ2世がアフリカをテーマとしたシノドスを受け、1995年、アフリカ司牧訪問の際、使徒的勧告「エクレジア・イン・アフリカ」に署名したことがある。

ロレートの聖母巡礼聖堂は、聖ヨハネ・パウロ2世やベネディクト16世が、かつて若者たちとの集いを開催した場所であると同時に、巡礼やイベントを通して青少年と強く結ばれた場所でもある。

今回の若者をテーマとしたシノドスの歩みは、ローマから出発し、パナマでの「ワールドユースデー」を経て、ロレートの聖母の家へと続いた。

教皇の「使徒的勧告」は、後日、発表される。

25 3月 2019, 17:54