Cerca

Vatican News
パナマに向けて出発される教皇フランシスコ ローマ・フィウミチーノ空港 2019年1月23日 パナマに向けて出発される教皇フランシスコ ローマ・フィウミチーノ空港 2019年1月23日  (ANSA)

教皇、パナマに向け出発

教皇フランシスコは、パナマ司牧訪問のために出発された。

教皇フランシスコは、イタリア時間1月23日午前9時半ごろ、パナマ訪問のため、ローマのフィウミチーノ空港より特別機で出発された。

パナマのトクメン国際空港には、現地時間同日午後4時半ごろを予定している。

教皇フランシスコにとって26回目となるこの海外司牧訪問(イタリアを除く)は、パナマで開催中の「世界青年の日」(ワールドユースデー、WYD)の大会出席を主目的としている。

ワールドユースデーを背景とするこの訪問では、教皇は到着翌日1月24日(木)から滞在最終日27日(日)まで、連日、若者たちと共にWYD大会公式行事に参加されるほか、若い受刑者や、病者、障害者らとの交流も行われる。

また、パナマ訪問中、フアン・カルロス・バレーラ大統領をはじめ、同国各界要人や、中米および同国の教会関係者らとの出会いも持たれる。

教皇は、パナマへの出発を前にした1月22日、ローマ市内の聖マリア大聖堂(サンタ・マリア・マッジョーレ)を訪れ、「サルス・ポプリ・ロマーニ」と呼ばれる古い聖母画の前で、この訪問と世界青年の日大会の実りを祈られた。

23 1月 2019, 12:56