ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、シチリアの若者たちとの出会い 2018年9月15日 イタリア・パレルモ市内で 教皇フランシスコ、シチリアの若者たちとの出会い 2018年9月15日 イタリア・パレルモ市内で  (AFP or licensors)

「希望の光を昇らせよう」教皇、シチリアの若者たちに励まし

教皇フランシスコは、訪問したイタリア南部・パレルモで、シチリアの若者たちや、教会関係者を励まされた。

9月15日、福者ピノ・プリージ神父の殉教25年を機に、イタリア・シチリア島を訪問した教皇フランシスコは、午後、パレルモ市内のカテドラルで、司祭・修道者・神学生らとの出会いを持った。

カテドラルに入られた教皇は、聖堂内にあるプリージ神父の墓前で祈りを捧げられた。

「典礼・寄り添い・証し」教会関係者らに

教皇は、シチリアの教会関係者らに「典礼を生きること」「人々に寄り添うこと」「福音を証しすること」の3つを課題として提示。

「皆、これを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡される、

わたしのからだである」というミサ中の言葉を、そのまま祭壇上に留まらせず、日常生活に深く降ろしていくようにと、司祭らを勇気づけられた。

また、教皇は、面倒を避けたい、人々の問題で手を汚したくない、とするメンタリティーを捨て、福者プリージ神父のように、人々を愛し、彼らに寄り添わなくてはならないと述べた。

シチリアの素晴らしい遺産である宗教的な祭りや信心業に言及された教皇は、同時に、これらの行事が、マフィアの存在の顕示に利用されることが決してないようにと願われた。

シチリアの若者たちとの出会い

カテドラルでの集いを終えた教皇は、訪問の最後に、パレルモ中心部のポリテアーマ劇場前広場で、シチリア全土から参加した若者たちとお会いになった。

この出会いでは、若者たちの代表から、信仰生活や未来への不安に助言を求める問いや、

移民受け入れなどの社会問題をキリスト者としてどう捉えるべきかという質問が続いた。

教皇は、「神の御言葉は、ダイナミックなもの」と述べ、「ソファに座っていては、その御言葉を聞くことができません。歩きながら、神を見出していくべき」と強調。

「神は、求める人に話しかけられます。求め続けるというのは、いつも健全な状態です。すでに到達したかのように感じていること、それは特に若い皆さんにとっては悲劇です」と語られた。

教皇は、自分自身にとらわれず、他人のために何かをすることを、若者たちに勧められた。

「すべてを『自分』の名のもとに、『自分』のためにする人、『自分』のためだけに生きている人」は、最後には行き詰ってしまうと注意された。

移民問題に対して教皇は、シチリアの人々は「出会いの文化」に召された人々と述べ、紛争や対立が絶えない今日の世界にあって、文化や人との出会いを推進するように希望された。

同時に、教皇は、真の人間として、悪や搾取を訴える勇気を持ってほしいと望まれた。

「皆さんは希望の夜明けです」と述べた教皇は、悲観主義に陥らず、希望を生み、育てる可能性は、自分の手の中にあると確信し、その希望の光を、シチリアや、イタリア、教会に昇らせて欲しいと、若い人々を励まされた。

15 9月 2018, 22:30