ベータ版

Cerca

Vatican News

教皇、アイルランド訪問前にビデオメッセージ

教皇フランシスコは、アイルランド訪問を前に、ビデオメッセージをおくられた。

カトリック教会の「第9回世界家庭大会」(World Meetings of Families 2018)が、8月21日(火)、アイルランドの首都ダブリンで開幕した。

3年ごとに行われる同大会は、世界中から家族が参加し、人生・社会・教会の基礎としての家庭と結婚の大切さを考え、共に祈るための国際的な集い。今大会は「家庭の福音:世界のための喜び」をテーマに、同26日(日)まで開催される。

教皇は、大会が大詰めを迎える25日、26日の両日、ダブリンを訪問し、様々な公式行事に参加される。

間もなく行われるダブリン訪問を前に、教皇はビデオを通し、アイルランド国民に次のようにメッセージをおくられた。

「親愛なる友人の皆さん

「世界家庭大会」のためにアイルランドを訪問するまであと数日となりました。

すべてのアイルランド国民の皆さんに愛情をこめてご挨拶したいと思います。「アイルランドを再び訪れることを、大変楽しみにしています!」

ご存じのように、「世界家庭大会」は、家族のために神が用意されたご計画の素晴らしさを記念する行事です。また、世界各地から訪れた家族たちが、その特別な召命を生きる上で、互いに出会い、支え合う機会でもあります。今日、家族たちは誠実な愛を体現し、健全な価値観をもって子どもたちを育て、より大きな共同体において、優しさと愛、相互の思いやりのパン種となるために、多くの挑戦に立ち向かい、努力しています。これはすべて皆さんがご承知のとおりです。

この機会が、全世界の家族、特にそちらダブリンに集っている家族にとって、新たな励ましの源となることを願っています。社会生活において、また若者のためにより良い未来を構築することにおいて、家庭という本質的な場所を、この大会が思い出させてくれますように。若者たちとは、未来です。未来のために若い人たちを育てることは大変重要なことです。若者たちを今日、現在の中に、しかし過去に根付いて育てること、若者と祖父たちの関係、これはとても大切です。

わたしのアイルランド訪問の厳密な目的は「世界家庭大会」でありますが、この訪問を通し、アイルランドのすべての家族を抱擁したく思います。特にこの訪問が、神が全人類家族のために願っておられる、恒久平和のしるしとして、すべてのキリスト者間の一致と和解を育む助けとなりますように。

わたしの訪問準備に、多くの方々が携わっておられることでしょう。皆さんに心からの感謝を申し上げます。皆さん一人ひとりにお願いいたします。この大会がすべての家族にとって、また真理における、すべての神の子らにとって、喜びと平安のひとときとなり、イエスの愛の優しさに触れる機会となるよう、どうか祈ってください。皆さんに寄り添うと共に、わたしの祈りをお約束します。皆さんもわたしのためにお祈りください。わたしにはその祈りが必要です。皆さんに心からの祝福をおおくりします。

神の祝福が皆さんの上にありますように。父と子と聖霊のみ名によって。」

21 8月 2018, 16:16