ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、「第9回世界家庭大会」の閉会ミサで、アイルランド・ダブリン 2018年8月26日 教皇フランシスコ、「第9回世界家庭大会」の閉会ミサで、アイルランド・ダブリン 2018年8月26日  (AFP)

ダブリンで「世界家庭大会」閉会ミサ、教皇、聖職者らによる虐待に赦しを願う

教皇フランシスコは、ダブリンでカトリック教会の「世界家庭大会」の閉会ミサをとり行われた。

8月21日(火)からアイルランドの首都ダブリンで開催されていた、カトリック教会の「第9回世界家庭大会」(World Meetings of Families 2018)は、26日(日)、最終日を迎えた。

同大会参加のため、25日にダブリン入りした教皇フランシスコは、アイルランド各界要人との会見で「家庭」の大切さをグローバルな視点で訴えたほか、夫婦たちとの対話、貧しい家族たちとの交流、世界の家族が集った「家庭の祝祭」など、様々な出会いを持たれた。

ダブリン滞在後半、26日午前には、教皇はアイルランド西部の聖母巡礼地クノックを訪れ、

カトリック教会の聖職者らによる虐待の被害者や、世界中の家族たちを聖母の保護に託して祈られた。

教皇、ミサの中で赦しを願う

同日午後、大会を締めくくる教皇ミサが、ダブリン市内の公園、フェニックス・パークでとり行われた。

雲が広がり、強い風が吹く天候にもかからわず、広大なミサ会場は、朝から詰めかけた何万という信者でいっぱいとなった。

教皇はこのミサの中で、アイルランドのカトリック教会の聖職者や修道者らによる未成年者への性的虐待に対し、赦しを願うと共に、教会関係者側から被害者らに対し、同情や、正義と真理を追求しようとする態度が欠けていたこと、彼らがこの苦痛に満ちた状況を前に沈黙していたことを謝罪した。

また、教皇は、子どもたちから不当に引き離され、子どもたちとの再会を求めて苦しんだ多くの若いシングルマザーたちに言及。これらの母親たちに心からの赦しを願われた。

教皇は、このようなことが二度と起きないように、そして正義が行われるように、神がこの恥と悔い改めの心を育ててくださるようにと祈られた。

教皇はこの赦しの願いを、ミサ中の回心の祈りの際に、スペイン語で行われた。

ミサ中の説教

ミサの説教では、イエスの言葉を信じず、つまずく弟子たちに、「あなたがたも離れていきたいか」(ヨハネ6,67)という、イエスの問いを観想された。

わたしたちにとっても、イエスの教えは実行不可能に思われることがある、と教皇は述べ、自分を傷つけた人を赦すこと、移民や外国人を受け入れること、失望や拒絶、裏切りに耐えること、自分たちの自由が奪われることを心配し、まだ生まれる前の命や高齢者たちを守ることが、いかに難しいかと話された。

しかし、こうした状況にある時こそ、聖霊の力と、わたしたちのそばにいつもおられるイエスに勇気づけられ、「あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています」(ヨハネ6,69)と言ったペトロの言葉をもって、わたしたちも答えなくてはならないと説かれた。

次回大会はローマで

ミサの終わりに、次回2021年の「世界家庭大会」は、ローマで開催されることが発表された。

教皇は、ミサ終了後、ダブリン市内の修道院で、アイルランドの司教団との出会いを持たれた。

この後、教皇はダブリン空港での送別式を経て、ローマに戻られる。

26 8月 2018, 19:33