ベータ版

Cerca

Vatican News
共同声明に署名するアッシリア東方教会カトリコス総主教マル・ゲワルギス3世と教皇フランシスコ 2018年11月9日 共同声明に署名するアッシリア東方教会カトリコス総主教マル・ゲワルギス3世と教皇フランシスコ 2018年11月9日  (ANSA)

教皇とアッシリア東方教会カトリコス総主教の共同声明

教皇フランシスコは、アッシリア東方教会のカトリコス総主教マル・ゲワルギス3世と、共同声明を発表した。

教皇フランシスコは、11月9日、バチカンを訪問したアッシリア東方教会のカトリコス総主教マル・ゲワルギス3世と会見された。

教皇とカトリコス総主教は、会談の後、レデンプトリス・マーテル礼拝堂で中東平和のために祈り、共同声明に署名した。

この共同声明は、アッシリア東方教会とカトリック教会間の信仰と愛における

歩み寄りの発展を神に感謝している。

そして、完全な一致が訪れる日を待ちながら、相互理解と福音を共に証しすることにおいて、前進していく旨を明らかにしている。

声明は、中東地域、特にイラクとシリアのキリスト教徒たちの悲劇的状況に対する、共通の苦しみを表明。

何万という無実の人々が正当化しがたい暴力的紛争に苦しみ、キリスト教徒たちが使徒時代から諸宗教の人々と共存してきたその土地から逃避せざるを得ない現状を前に、共に祈り、人道的支援に取り組みたい、としている。

「キリスト教徒のいない中東は想像不可能である」と声明は強調。

キリスト教徒たちが他の宗教の人々と共に、寛容・相互の尊重・受容という、中東地域特有のアイデンティティに貢献するよう励ますと共に、すべての側の権利と義務を認める政治的解決が行われるよう、国際社会に呼びかけている。

09 11月 2018, 16:45