ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇、アイルランドの司教らと、ダブリン市内の修道院で 2018年8月26日 教皇、アイルランドの司教らと、ダブリン市内の修道院で 2018年8月26日  (Vatican Media)

「過ちを認め償い、謙虚さをもって新たな道を」教皇、アイルランドの司教団に

教皇フランシスコは、アイルランド訪問の終わりに、同国の司教団との出会いを持たれた。

ダブリンで開催されたカトリック教会の「第9回世界家庭大会」(World Meetings of Families 2018)は、8月26日、フェニックス・パークにおいて、教皇フランシスコが司式した閉会ミサをもって終了した。

2日間のアイルランド訪問を終了するにあたり、教皇は同国の司教らと対話された。

ダブリン市内のドミニコ会女子修道院で行われた集いで、教皇は、福音の使者、

キリストの羊たちの牧者としての使命を忍耐強く果たすよう、司教らを励まされた。

教皇は司教の役割を、神の聖なる民の父として、民を励まし、希望をもたらし、和解・一致させ、何よりも教会が伝承した霊的遺産を守ることである、と述べられた。

今一度、教皇は、教会が福音的正直さと勇気をもって、子どもたちと、無防備な成人たち、また虐げられた女性たちの保護をめぐる、過去のあやまちと重大な罪を認め、償う必要を強調。

同時に、近年のアイルランドの教会の、虐待被害者らとの和解の取り組み、青少年保護のためにとった厳しい対策を認められた。

神の恵みのもと、謙虚さと信頼をもって、新たな時代のために新たな道を歩み、福音の真理の証しにおいて、勇敢で創造的であって欲しいと、教皇は司教らに希望された。

この後、空港に向かわれた教皇は、送別式を経て、特別機でアイルランドを後にされた。

26 8月 2018, 20:21