Cerca

Vatican News
ブラジル・ロンドニア州・ポルトベリョでの森林火災 2019年8月22日 ブラジル・ロンドニア州・ポルトベリョでの森林火災 2019年8月22日  (ANSA)

ラテンアメリカ司教団:アマゾンの森林火災を憂慮

ラテンアメリカ・カリブ司教協議会は、アマゾンの森林火災の増加に対する憂慮を表明した。

ラテンアメリカ・カリブ司教協議会は、アマゾンの熱帯雨林で増え続ける森林火災を憂慮する声明を発表した。

ブラジルの国立宇宙研究所の衛星が収集したデータでは、今年初めから8月にかけて見られた森林火災の数はおよそ75.000件にのぼり、2018年の同時期と比較し、85%以上増加している。

地球上で最も広大な森林の一つであるアマゾン地域の熱帯雨林が、早いペースで火災によって破壊されていることに対し、ラテンアメリカ・カリブ司教協議会は、この問題への関心を呼びかけた。

司教らは、アマゾン地域はもとより、アラスカ、グリーンランド、シベリア、カナリア諸島などで相次ぐ森林火災の悲劇に、重大な憂慮を表明する、と声明。

今秋、バチカンで開催されるアマゾン地域をテーマとしたシノドスを前にした希望も、この災害によって心が曇る思いである、と司教らは述べている。

司教らはアマゾン地域の先住民らに連帯を示すと共に、この破壊を食い止めるべく、連帯と関心の必要を世界に訴えた。

23 8月 2019, 14:11