Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年5月22日 教皇フランシスコ、バチカンでの一般謁見 2019年5月22日  (Vatican Media)

教皇、中国の信者らに寄り添う、扶助者聖母の祝日を前に

教皇フランシスコは、一般謁見の席で、扶助者聖母の祝日を前に、中国のカトリック信者たちのために祈られた。

教皇フランシスコは、5月22日(水)、バチカンで行われた一般謁見の席で、中国のカトリック信者たちに向け、メッセージを述べられた。

カトリック教会の典礼暦は、5月24日、扶助者聖母マリアを祝う。

この祝日を前に、教皇は、「キリスト信者の助け手なる聖母」に捧げられ、信心を集める、中国・上海の佘山(シェシャン)の聖母巡礼聖堂を思い起こされた。

教皇はこれを機会に、毎日の労苦や困難の中で、信じ、希望を保ち、愛し続ける、中国のすべてのカトリック信者たちに、寄り添いの念と愛情を表明された。

「中国の親愛なる信者の皆さん、皆さんが慈愛と兄弟愛を証しし、常に普遍の教会との交わりのうちに一致できるよう、わたしたちの天のお母さんが、皆さんを助けてくださいますように」と祈った教皇は、祝福をおくると共に、謁見会場の信者らとアヴェ・マリアの祈りを唱えられた。

22 5月 2019, 14:21