ベータ版

Cerca

Vatican News
パキスタンのキリスト教徒女性アーシア・ビビさんに、最高裁で無罪判決 パキスタンのキリスト教徒女性アーシア・ビビさんに、最高裁で無罪判決 

パキスタン:冒とく罪で死刑判決受けたキリスト教徒女性、最高裁で無罪に

パキスタンで、8年前、冒とく罪で死刑判決を受けたキリスト教徒女性が、10月31日、最高裁で無罪となった。

パキスタンの最高裁判所は、10月31日、イスラム教への冒とく罪で2010年に死刑判決を受けた、キリスト教徒の女性、アーシア・ビビさんに無罪判決を下した。

ビビさんは、2009年、イスラム教徒の女性同僚らとの口論において、預言者ムハンマドの名を侮辱したとの容疑で逮捕され、2010年に死刑の判決を受け、以来8年間にわたり死刑囚として収監されていた。

ビビさんの死刑判決に対し、早くからキリスト教共同体や人権擁護団体は、ビビさんを擁護し、その無罪を支持すると共に、宗教的少数派に対する圧力や迫害を非難してきた。

このたびの最高裁における無罪判決に、ビビさんの家族や、キリスト教共同体、支援者らは大きな安堵と喜びを表した。

一方で、パキスタンの首都イスラマバードでは、混乱を恐れて、300人の警官が最高裁の周りで警戒態勢につき、その他の公官庁などの保安維持のために軍隊も派遣されている。市内では、ビビさんの無罪に対する抗議集会が組織された。

教皇フランシスコは、今年2月、バチカンでビビさんの夫と娘に面会している。

前教皇ベネディクト16世も、2010年にビビさんの即刻解放を願うアピールを発表していた。

31 10月 2018, 19:04