ベータ版

Cerca

Vatican News
ギリシャ・アテネ近郊で大規模な森林火災 写真:アテネから東およそ30㎞のラフィナで 2018年7月23日 ギリシャ・アテネ近郊で大規模な森林火災 写真:アテネから東およそ30㎞のラフィナで 2018年7月23日  (AFP or licensors)

教皇、ギリシャの森林火災の被害者らに連帯

教皇フランシスコは、ギリシャの山火事による犠牲者を悼まれた。

ギリシャの首都アテネの近郊において、7月23日に発生した大規模な森林火災は、50人が死亡、150人以上が負傷する惨事となっている。

アテネ北東の沿岸地帯を中心に複数箇所で発生した火災は、強風のあおりによって拡大、煙は40キロ以上離れた首都の空にまで到達した。

夏の観光シーズンとあり、海岸沿いのリゾート地には、住民のほか、多くの人々が滞在しており、延焼の速さに対して、逃げ遅れた人々が犠牲になった。

教皇フランシスコは、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿を通じて送られたお見舞いの電報で、火災の犠牲者らの冥福を祈り、この災害に巻き込まれたすべての人々に寄り添われた。

教皇は、非常事態に対応する当局と、消火と救援を続ける人々のためにも祈られている。

24 7月 2018, 17:20