検索

Vatican News
教皇フランシスコとフェルナンド・ベルヘス・アルサガ大司教 教皇フランシスコとフェルナンド・ベルヘス・アルサガ大司教 

人事:バチカン市国委員会議長にベルヘス・アルサガ大司教

教皇フランシスコは、バチカン市国委員会議長およびバチカン市国行政庁長官にフェルナンド・ベルヘス・アルサガ大司教を任命された。

 教皇フランシスコは、9月8日、バチカン市国委員会議長およびバチカン市国行政庁長官に、現バチカン市国行政庁次官フェルナンド・ベルヘス・アルサガ大司教(76)を任命された。

 ベルヘス・アルサガ大司教は、スペイン出身。これまで現職にあったジュゼッペ・ベルテッロ枢機卿(78)の後任となる。同大司教は、2021年10月1日をもって同職に就任する。

 また、同日、教皇フランシスコは、教皇庁聖職者省の次官に、チリ出身で、同省職員のアンドレス・ガブリエル・フェラーダ・モレイラ神父を任命すると共に、同師をティブルニア名義大司教とされた。同職への就任は2021年10月1日付となる。

08 9月 2021, 16:26