検索

Vatican News
バチカン市国 バチカン市国 

教皇庁:マネーバル報告書に満足表明

教皇庁は、欧州評議会のマネーバル(MONEYVAL)報告書の結果に満足を表明した。

マネーロンダリング防止対策の国際スタンダードに照らした評価と、テロリズム資金調達に関する監視を行うための欧州評議会の機関「マネーバル」(MONEYVAL)は、このほど報告書を発表。教皇庁は、バチカン市国および教皇庁に対する評価に満足を表明した。

バチカン広報局の声明によれば、教皇庁は6月9日発表のマネーバル報告書に満足を示すと共に、着手したプロセスを継続する上での励みとして受け取った。

マネーロンダリングとテロリズム資金調達の防止において、すべての関係機関が適用した対策の効果が認められたことをもって、教皇庁の当局は、最高の国際基準に完全に対応するための歩みを続ける努力を保証した。

また、教皇庁はこの目標に向け、報告書が勧告する内容を注意深く考慮したい、とした。

09 6月 2021, 16:54