検索

Vatican News
バチカン美術館 バチカン美術館 

新型コロナウイルス:バチカン美術館、臨時休館へ

新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として、バチカン美術館は4月3日まで臨時休館となる。

新型コロナウイルス感染拡大予防措置として、バチカン美術館は今年4月3日まで臨時休館となることが明らかにされた。

バチカン広報局の3月8日の発表によれば、同日より、イタリアの関係当局と協力のもと、教皇庁諸機関とバチカン市国行政庁において、新型コロナウイルス感染拡大予防措置がとられた。

これに伴い、2020年4月3日まで、バチカン美術館、およびバチカンのネクロポリス、カステルガンドルフォ教皇離宮博物館、教皇直属バシリカに付属する美術館(※)は閉館される。

(※教皇直属バシリカ=サン・ピエトロ、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ、サンタ・マリア・マッジョーレ、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラの各大聖堂)

08 3月 2020, 17:54