検索

Vatican News
教皇フランシスコとアンジェロ・ソダノ枢機卿 2019年12月21日 教皇フランシスコとアンジェロ・ソダノ枢機卿 2019年12月21日  (Vatican Media)

ソダノ枢機卿、枢機卿会主席を引退

教皇フランシスコは、アンジェロ・ソダノ枢機卿の高齢を理由とした枢機卿会主席からの引退願いを受諾されると共に、今後、主席枢機卿の任を5年制とする自発教令を発表された。

教皇フランシスコは、12月21日、アンジェロ・ソダノ枢機卿の高齢を理由とした枢機卿会主席からの引退願いを受諾された。

教皇はこれと共に、今後、主席枢機卿の任を5年制とする自発教令を発表された。

元バチカン国務長官、ソダノ枢機卿(92)の枢機卿会主席からの引退は、同日行われた教皇とバチカンの高位聖職者との降誕祭前の集いの際に発表された。

教皇は、ソダノ枢機卿の2005年からの長きにわたる主席枢機卿としての奉仕に、心からの感謝を述べられた。

新たな教令により、主席枢機卿の任期は、当面のところ、延長を可能とする5年となる。

5年の任期を終え、同役から引退した枢機卿には、名誉主席枢機卿のタイトルが与えられる。

主席枢機卿は、従来どおり、教会法352条2項に従い、枢機卿の位階の一つである「司教枢機卿」のタイトルを持つメンバー間で選出される。

21 12月 2019, 17:59