Cerca

Vatican News
未成年者の保護をテーマにした司教会合 2019年2月22日 バチカン、シノドス・ホール 未成年者の保護をテーマにした司教会合 2019年2月22日 バチカン、シノドス・ホール  (Vatican Media)

未成年者の保護:バチカンでの司教会合、2日目

教会における未成年者の保護をテーマとする司教会合の2日目の討議が行われた。

バチカンのシノドス・ホールで開催されている、「教会における未成年者の保護」をテーマとする司教会合は、2月22日、2日目の討議を行った。

教皇フランシスコの出席のもとに、会合は祈りと聖書朗読から始まった。

聖書からは、使徒聖パウロの「ローマの信徒への手紙」から、「愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい」(12,9-11)が朗読された。

この後、聖職者から虐待を受けた一人の被害者の手紙が、次のように英語で読み上げられた。

「イエスが亡くなる時、聖母はイエスと共にいました。わたしが一人の司祭から虐待された時、わたしの母なる教会はわたしを一人ぼっちにしました。わたしの受けた虐待とわたしの孤独について、教会の誰かと話したかったのに、皆、隠れてしまいました。誰に話していいかもわからず、わたしはさらに孤独を感じました。」

被害者の手紙に耳を傾けた後、長い沈黙の時間を経て、参加者らは再び祈りを続けた。

祈りを先唱した、ラテン典礼エルサレム聖庁任命管理者ピエルバッティスタ・ピッツァバッラ師は、「誰一人、教会の中で、暴力や虐待を恐れるようなことが、決してありませんように。むしろ、教会の中で、あらゆる安心と助けを得ることができますように」と祈った。

会合の司会を務めるフェデリコ・ロンバルディ神父は、この日が「聖ペトロの使徒座」の祝日であることに言及。教皇フランシスコにお祝いを述べつつ、教皇の教え導くその使命のために、全教会を挙げて祈るよう皆を招いた。

ロンバルディ師は、教皇の願いに従い、この会合のために、子どもたちへの暴力と闘うことをテーマとした国連の公式資料を準備し、すべての参加者に配布した、と伝えた。

この日は、インド・ボンベイ大司教のオズワルド・グラシアス枢機卿、米国・シカゴ大司教のブレーズ・キュピック枢機卿、教皇庁信徒・家庭・いのち省・家庭局次長リンダ・ギソーニ氏による発表が行われ、各発表の後、討議、意見交換の場が持たれた。

22 2月 2019, 17:22