Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、教皇庁立科学アカデミー総会参加者らと 2018年11月12日 教皇フランシスコ、教皇庁立科学アカデミー総会参加者らと 2018年11月12日  (ANSA)

「核兵器のない世界の推進に協力を」教皇、科学者らに

教皇フランシスコは、教皇庁立科学アカデミーの定例総会参加者に挨拶をおくられた。

教皇フランシスコは、11月12日教皇庁立科学アカデミーの関係者ら、およそ80名とお会いになった。

同アカデミーは、この日から同月14日まで、バチカンで定例総会を開催している。

教皇は総会参加者への挨拶で、「親愛なる科学者の皆さん、そして科学の友である皆さんに、知識の鍵は託されています」と語りかけ、科学者たちの研究が、特に食料・医療・教育・通信・健康な生活・平和の面において、人類の広大な知識の恩恵を十分に享受していない人々のために役立つことを願われた。

人類の統合的で持続可能な発展には、まだ多くの道を歩まなければならないと述べた教皇は、この目標に到達するには、回勅「ラウダート・シ」にも記したように、人々の生活スタイルの変革なしでは不可能であると語られた。

また、この目標のためには、非武装と戦争の終結、新しいエネルギーへの移行、すべての人への水・食料・健康の保証、租税回避地にあり活用されていない巨大な資本の共通善の為への投資などを進める政治的意志が欠如していると指摘された。

教皇は、気候変動は人間の活動により多く影響されていると述べ、地球と人々の健康を守るための有効な解答が必要と話された。

さらに、核の脅威に触れた教皇は、核兵器のない世界の推進に努力することの本質的重要性を強調。

人類と地球に与える修復不可能な被害のために、核武装理論は受け入れがたいことを治世者たちに説得できるよう、その協力を科学界関係者に望まれた。

12 11月 2018, 18:38