Cerca

Vatican News
教皇庁と中国、司教任命について暫定合意 教皇庁と中国、司教任命について暫定合意 

教皇庁と中国、司教任命について暫定合意

9月22日、北京において、教皇庁と中国の間で、司教の任命をめぐる暫定合意の署名が行われた。この合意は、両者の段階的な相互の歩みよりを経て、中国国民、世界平和への貢献を願い行われた。

教皇庁と中華人民共和国間でこのところ続いてきた、カトリック教会についての共通関心をめぐる交渉において、2018年9月22日、北京で開かれた教皇庁外務局次長アントワン・カミレーリ師と、中華人民共和国の王超・外交部副部長による、バチカンと中国双方の使節による会談が行われた。

この会談中、両代表は、司教の任命をめぐる暫定合意書に署名した。

この暫定合意は、長い慎重な交渉を経た、段階的な双方の歩み寄りの成果によるもので、その具体化については定期的に評価を行うことが予定されている。

同合意書は、教会の活動にとって大きな影響を及ぼす司教任命問題を扱っており、双方レベルでのより大きな協力のための条件を形作るものとなる。

この合意が当局の豊かで先見性ある対話プロセスの発展に寄与し、中国のカトリック教会の活動と、中国国民、そして世界平和に貢献するよう、双方の期待が表された。

22 9月 2018, 12:02