検索

Vatican News
教皇フランシスコ、イエロニモス2世大主教の訪問を受けて 2021年12月5日 アテネ市内・バチカン大使館 教皇フランシスコ、イエロニモス2世大主教の訪問を受けて 2021年12月5日 アテネ市内・バチカン大使館  (AFP or licensors)

「共に兄弟愛と平和の道を」教皇、イエロニモス2世大主教に

教皇フランシスコは、アテネ市内のバチカン大使館に、ギリシャ正教会のイエロニモス2世大主教の訪問を受けられた。

 教皇フランシスコは、ギリシャ訪問2日目、12月5日(日)午後、滞在先のアテネ市内のバチカン大使館に、イエロニモス2世大主教の訪問を受けた。

 前日4日に教皇がイエロニモス2世を大主教館に訪問したことに対する答訪として行われたこの出会いは、およそ30分に及んだ。

 和やかな会見の後、教皇と大主教は互いに記帳を行なった。

 イエロニモス2世大主教は、「2021年12月5日、聖サバスの祝日、わたしと随行員は、教皇、ローマの聖なる兄弟である、フランシスコのギリシャ訪問に感謝するために訪れました。ここに挨拶をおくり、良き旅を祈願します。聖なる神がわたしたちを祝してくださいますように」と記した。

 これに対し、教皇は「喜びと平安のうちに愛する兄弟イエロニモス2世と出会います。その兄弟的善意、柔和、忍耐に感謝します。主がわたしたちに兄弟愛と平和のこの道を共に歩む恵みをくださいますように。共なる歩みを助けてくださるイエロニモス2世大主教座下の寛大さに感謝します。姉妹であるわたしたちの二つの教会を主が祝福してくださいますように。聖なる神の御母、わたしたちを助けてください」と記した。

 最後に、イエロニモス2世大主教は、20世紀初頭の小アジアにおけるギリシャ人の痛ましい歴史をめぐる本など書籍2冊と聖母子画、教皇は今回の訪問の記念メダルなどを贈り物として交換した。

05 12月 2021, 20:48