検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バイデン米大統領を迎えて 2021年10月29日 バチカン宮殿 教皇フランシスコ、バイデン米大統領を迎えて 2021年10月29日 バチカン宮殿  (AFP or licensors)

教皇、バイデン米大統領とお会いに

教皇フランシスコは、米国のバイデン大統領の訪問を受けられた。

 教皇フランシスコは、10月29日正午、米国のジョー・バイデン大統領をバチカン宮殿に迎えられた。

 バイデン大統領は、イタリア・ローマで開催の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)と、英国グラスゴーで行われる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に出席のため、29日、ローマに到着、欧州歴訪を開始した。

 バイデン氏は、ジョン・F・ケネディ大統領に続く、二人目のカトリックの米国大統領として、この日、バチカンを訪れた。

 バイデン氏が大統領として教皇フランシスコと会見するのは今回が初めてであるが、これまですでに3回、教皇との出会いを持っている。

 教皇とバイデン大統領の75分に及ぶ会談では、地球環境の保護、新型コロナウイルスとの闘い、難民や移民への支援などがテーマとなったほか、信仰および良心の自由の権利を含む、人権の擁護も話題に上がった。

 最後に、翌日から始まるローマでのG20サミットを背景に、国際情勢をめぐるいくつかの問題、また政治的調停を通した平和の推進などについて、話し合いが行われた。

 バイデン大統領は、教皇との会談に続き、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿、および外務局長ポール・リチャード・ギャラガー大司教と会見を持った。

29 10月 2021, 17:43