検索

Vatican News
ヨハネ・パウロ1世 ヨハネ・パウロ1世 

教皇ヨハネ・パウロ1世、列福に必要な奇跡認定

教皇ヨハネ・パウロ1世(アルビーノ・ルチアーニ)の列福に必要な奇跡がこのたび認定された。

 教皇フランシスコは、10月13日、教皇庁列聖省長官マルチェッロ・スメラーロ枢機卿とお会いになった。

 この席で教皇は、ヨハネ・パウロ1世(在位 1978年8月26日-1978年9月28日)の列福に必要とされる奇跡を認める、教令の発布を承認された。

 2011年、アルゼンチン・ブエノスアイレスで医学的に非常に重篤な状態にあり、死が迫っていると診断された11歳の少女の回復を、地元の小教区の主任司祭が、少女の母親や集中治療室担当の医療スタッフと共に、尊者・神のしもべヨハネ・パウロ1世に取りつぎを祈ったところ、少女は回復した。これがこのたび奇跡として認定された。

 これによりヨハネ・パウロ1世の列福は、教皇フランシスコによる列福式の日付の決定を待つまでとなった。

 ヨハネ・パウロ1世(アルビーノ・ルチアーニ)は、1912年10月17日、イタリア北部フォルノ・ディ・カナーレ(現在のカナーレ・ダゴルド)に生まれた。1935年司祭叙階。1958年、ヴィットリオ・ヴェネト司教。1962年から1965年の全会期を通し、第二バチカン公会議に参加。1969年、ベネチア総大司教。1973年、枢機卿に任命された。パウロ6世逝去後のコンクラーベで、1978年8月26日、第263代ローマ教皇に選出された。

 同日、ヨハネ・パウロ1世の列福の件のほかに、尊者・神のしもめマリア・ベレニス・ドゥケ・ヘンカー修道女(1898-1993コロンビア)の列福に必要な奇跡、および神のしもべピエトロ・オルティス・デ・サラテ神父(1622-1683アルゼンチン)の殉教が認められた。

 また、ディエゴ・ヘルナンデス・ゴンサレス神父(1915-1976スペイン)、ジュゼッペ・スポレティーニ神父(1870-1951イタリア)、イエスのマドレーヌ修道女(フランス1989-イタリア1989)、エリザベッタ・マルティネス修道女(1905-1991イタリア)の、4人の神のしもべ・しもめの英雄的徳が認められた。

 イエスのマドレーヌ修道女(イエスの小さい姉妹マドレーヌ)は、「イエスの小さい姉妹の友愛会」の創立者。同会は日本でも活動している。

13 10月 2021, 18:19