検索

Vatican News
2019年1月に行われた「世界青年の日・パナマ大会」 2019年1月に行われた「世界青年の日・パナマ大会」  (Vatican Media)

世界青年の日2023年リスボン大会の開催日発表

「世界青年の日(ワールドユースデー)」リスボン大会は、2023年8月1日から6日まで行われることが明らかになった。

 2023年夏に予定される「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)」リスボン大会の開催期間が、同大会実行委員会により発表された。

 これによれば、WYDリスボン大会は、2023年8月1日から8月6日まで行われる。

 「世界青年の日」は、カトリックの若者の祭典。数年毎(現在は3年毎)に開催地を変えて行われる世界大会と、毎年記念される教区レベルのものがある。

 教区レベルの「世界青年の日」は、昨年より、これまでの「受難の主日」から「王であるキリスト」の祭日に変更して行われることになった。

 一方、世界レベルで行われる、WYDリスボン大会は、当初2022年の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響を受けて、2023年に延期された。

 リスボン総大司教マヌエル・ジョゼ・マカリオ・ド・ナシメント・クレメンテ枢機卿は、若者たちが待ち望んでいたWYDリスボン大会の開催日の発表が、10月4日のアッシジの聖フランシスコの日に行われたことに意義を見出しつつ、大会のために準備するこれからの22カ月が皆にとって福音宣教のための有意義な期間となることを願った。

04 10月 2021, 10:37