検索

Vatican News
教皇フランシスコ 教皇フランシスコ 

教皇、人々のメッセージや祈りに感謝

入院中の教皇フランシスコは、多くの人々から受け取ったメッセージや祈りに感謝を表された。

 結腸の手術後、入院生活をおくられている教皇フランシスコは、人々のお見舞いの言葉や祈りに感謝を表された。

 バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長は、7日正午の声明で、教皇の順調な回復を報告。これと共に、「教皇は、ここ数日間に受け取った多くのお見舞いのメッセージや人々の親愛に感動され、これらの心遣いや祈りに感謝を表されている」と述べた。

 同日午後、教皇は、手術・入院後最初のメッセージをTwitter(@PONTIFEX)で送られ、この中でも、同様の感謝の意を示された。

07 7月 2021, 14:30