検索

Vatican News
サクロ・クオーレ・カトリック大学付属アゴスティーノ・ジェメッリ総合病院入口 サクロ・クオーレ・カトリック大学付属アゴスティーノ・ジェメッリ総合病院入口  (AFP or licensors)

教皇、術後3日目、規則的に食事

教皇フランシスコは、手術から3日目、順調な回復過程にある。

 教皇フランシスコは、7月7日(水)、結腸の手術から3日目、順調な回復過程にある。

 バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長は、7日正午の発表で、「教皇の術後経過は順調で、申し分のないものである」と声明した。

 同広報局長によれば、教皇は規則的に食事をとられており、点滴は行っていない。

 最終的な組織検査では、憩室炎による硬化の形跡と共に、重度の憩室性の狭窄が確認された。

07 7月 2021, 12:50