検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2021年3月31日の一般謁見 教皇フランシスコ 2021年3月31日の一般謁見  (Vatican Media)

「過ぎ越しの聖なる三日間」をテーマに、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、3月31日(水)、一般謁見をバチカン宮殿より中継で行われた。

 教皇フランシスコは、3月31日、水曜恒例の一般謁見をバチカン宮殿よりビデオ中継で行われた。

 復活祭を間近に控えたこの謁見で、教皇は「過ぎ越しの聖なる三日間」について、次のように講話された。

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 聖週間の霊的な雰囲気にすでに満たされたわたしたちは、間もなく「過ぎ越しの聖なる三日間」を迎えようとしています。聖木曜日から復活祭の日曜日まで、主の受難と死と復活を記念しながら、一年の典礼年間の中心となる日々を体験します。

 わたしたちはミサを祝うたびに、過ぎ越しのこの神秘を体験します。それはカルワリオに行くのと同じことです。ミサを通して、過ぎ越しの神秘が新たにされるのです。

 聖木曜日の夕方、「過ぎ越しの聖なる三日間」に入ります。わたしたちは「主の晩餐のミサ」の中で、イエスの最後の晩餐での出来事を追体験します。

 それは、キリストが弟子たちに聖体を通して愛の遺言を、思い出としてはなく、記念として、ご自身の永遠の現存として遺された夜でした。この秘跡において、イエスはご自分を犠牲として捧げられました。キリストの御体と御血は、罪と死への隷属からの解放をわたしたちにもたらします。

 また、それは、イエスが互いに仕え合いながら愛し合うようにとわたしたちに願われた夜でした。イエスはそれを弟子たちの足を洗うことで示されました。それは、十字架上での流血の犠牲を先取りする行為でした。実際、師であり主であるイエスは、翌日十字架上の死を遂げられました。それは、弟子たちの足を清めるためではなく、彼らの心、人生全体を清めるためでした。

 聖金曜日は、悔い改めと、断食、祈りの日です。聖書の言葉と典礼の祈りを通して、わたしたちは贖い主イエス・キリストの受難と死を記念するために、あたかもカルワリオの上に集ったかのように感じます。儀式における典礼行為の高まりの中で、崇敬すべき十字架が示されます。十字架を崇敬しながら、わたしたちの救いのために屠られた無実の子羊の歩みに再び思いをはせます。

 わたしたちは、病者や、貧しい人々、この世から見捨てられた人々の苦しみを、頭と心に留めます。戦争や、独裁、日常的な暴力、堕胎などの無実の犠牲者を思い起こします。十字架につけられた神の姿を前に、わたしたちは祈りのうちに、今日、十字架につけられているあまりにも多くの人々を考えます。イエスだけが、彼らの苦しみに慰めと意味を与えることができるのです。

 イエスが人類の傷と死をご自身に引き受けられた時から、神の愛はわたしたちの荒れ野を潤し、わたしたちの闇を照らしました。

 なぜなら世は闇の中にあるからです。今起きているすべての紛争、飢餓で亡くなる子どもたち、教育を受けられない児童、戦争やテロで破壊的打撃を受けた人々を考えてみましょう。麻薬産業の犠牲となる人々、キリスト教や他の宗教を信じる一部の人々で自分が一番でありたいと思う人たち…、これが現実です。この死のカルワリオで、イエスはご自身の弟子たちの中で苦しんでおられます。

 神の御子はその公生活で、人々をいやし、赦し、よみがえらせながら、両手いっぱいに、いのちを蒔き広げました。そして、十字架上での至上の犠牲の時、イエスは御父から託された業を完成します。イエスが苦しみの深遠の中に入ったのは、それを贖い、変容するためでした。ただ神の愛だけがそれを可能にするのです。イエスが受けた傷によってわたしたちはいやされ(参照 1ペトロ2,24 )、イエスの死によってわたしたちは再び生まれ変わりました。十字架上で見捨てられたイエスのおかげで、もはや誰一人、孤独のうちに死の闇に置き去りにされることはありません。

 聖土曜日は、沈黙の日です。この日は、イエスの屈辱的な死に打ちのめされた弟子たちの深い悲しみと茫然自失の状態を思いながら過ごします。「言(ことば)」が沈黙し、「いのち」が墓の下にあった時、イエスに希望をかけていた人々は厳しい試練に立たされ、まるで孤児のように、神の孤児のようにさえ感じていました。

 聖土曜日は、マリアの日でもあります。マリアも涙のうちにこの時を過ごしましたが、その心は信仰と希望と愛にあふれていました。御母は御子のカルワリオの道に従い、十字架の下に、悲しみに貫かれた魂をもって留まりました。しかし、すべてが終わったかのように見えた時、マリアは、死者を復活させる神の約束に希望を置き、目覚めて待ち続けました。

 こうして、世界で最も暗い闇の中で、マリアは神を信じる者たちの母、教会の母、希望のしるしとなりました。わたしたちにとって自分の十字架が重すぎる時、マリアの証しと取り次ぎが支えとなってくれます。

 聖土曜日の闇の中に、「復活の聖なる徹夜祭」と「アレルヤ唱」の喜びと光があふれます。それは、復活したキリストとの信仰における出会いであり、その復活の喜びは、その後も復活節の50日間続きます。

 十字架上で亡くなられたイエスは復活しました。すべての問いと、不安、ためらい、怖れは、この啓示によって消え去りました。復活のキリストは、善は常に悪に勝利し、いのちは常に死に打ち勝つという確信をわたしたちに与えます。わたしたちの人生の終わりは、悲しみと共に降下を続けるのではなく、高く上がっていくのです。

 いのちは死に打ち勝ち、赦しは罪にまさることをわたしたちに約束された主は、復活され、ご自身がすべてにおいて正しかったことを証明されました。

 弟子たちは疑い、信じませんでした。最初にイエスと会い、信じたのは、マグダラのマリアでした。マグダラのマリアは、イエスを見、イエスに名前を呼ばれたその出来事を弟子たちに告げました。続いて、弟子たちもイエスを見ました。

 しかし、ここでわたしが注目したいのは、弟子たちが来てイエスの遺体を盗み出さないようにと、墓におかれた番兵たちのことです。番兵たちはイエスが復活し生きていることを目撃しましたが、それを見なかったことにしました。それはなぜでしょうか。兵士たちは金を受け取ったからです。ここにイエスがかつて言った神秘があります。「誰も、二人の主人に仕えることはできない。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない」。ここで金は現実を変えました。彼らは復活の驚異を見ましたが、話さないために金を受け取りました。利益のためにキリストの復活を認めず、キリストの教えを実践しないキリスト信者がたくさんいることを考えましょう。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、今年も復活祭にまつわるこれらの儀式をパンデミックの状況下でとり行うことになりました。苦しみに満ちた多くの状況の中、特にすでに貧困や災害や紛争で疲弊した個人や家族や人民がさらなる苦しみを受ける時、キリストの十字架は、嵐の海を流される船に港を示す灯台のようなものです。キリストの十字架、それは決して失望させることのない希望のしるしです。一滴の涙、一つの呻きさえも、神の救いのご計画の中で忘れられることはないと、それはわたしたちに告げているのです。

 主に仕え、主を認める恵みを願い、利益と引き換えに主を忘れることがないようにしましょう。

31 3月 2021, 11:15