検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年度の受難の主日のミサで 教皇フランシスコ 2020年度の受難の主日のミサで  (Vatican Media)

聖週間から復活祭にかけての教皇儀式

教皇フランシスコによる聖週間から復活祭にかけての儀式予定が発表された。

 教皇フランシスコによる、2021年度の聖週間から復活祭にかけての儀式予定が発表された。

 これらの儀式はすべて、パンデミック対策のもと、参加者の人数を縮小して行われる。

 教皇典礼管理室によれば、聖週間初日、3月28日(日)、イタリア時間午前10時30分(※同日より現地はサマータイム移行のため、日本時間同日17時30分)より、教皇はバチカンの聖ペトロ大聖堂の司教座の祭壇で「受難の主日(枝の主日)のミサ」を司式される。

 なお、昨年11月、教皇が発表したように、「受難の主日」に記念されていた教区レベルの「世界青年の日」は、「王であるキリスト」の主日、2021年11月21日(日)に記念されることになった。

 4月1日(木)、聖木曜日の午前10時(日本時間同日17時)、教皇は聖ペトロ大聖堂・司教座の祭壇で「聖香油のミサ」をとり行われる。

 同じく聖木曜日の午後、現地時間18時(日本時間4月2日午前1時)、同大聖堂・司教座の祭壇で、「主の晩餐の夕べのミサ」が、枢機卿会主席のジョヴァンニ・バッティスタ・レ枢機卿によって司式される。このミサには教皇の参加は予定されていない。

 4月2日(金)、聖金曜日の18時(日本時間4月3日午前1時)から、教皇は聖ペトロ大聖堂・司教座の祭壇で「主の受難の祭儀」をとり行う。

 続いて、同日21時(日本時間4月3日午前4時)より、バチカンの聖ペトロ広場で、教皇は「十字架の道行き」を主宰される。

 聖土曜日、4月3日(土)19時30分(日本時間4月4日午前2時30分)から、教皇は聖ペトロ大聖堂・司教座の祭壇で、「復活の聖なる徹夜祭」を祝われる。

 復活祭を迎える4月4日(日)、午前10時(日本時間同日17時)より、教皇は聖ペトロ大聖堂・司教座の祭壇で、「復活の主日の日中のミサ」を捧げられる。

 そして、同日正午(日本時間同日19時)、教皇は同大聖堂・司教座の祭壇において、復活祭のメッセージとローマと世界に向けた教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられる予定。

26 3月 2021, 11:42