検索

Vatican News

3月の教皇の祈りの意向:和解の秘跡

教皇フランシスコは、2021年3月の祈りの意向をめぐり、ビデオを通しメッセージをおくられた。

 カトリック教会は、毎月、「教皇の祈りの意向」を示し、教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いている。

 2021年3月は、「和解の秘跡」をテーマに、次のように祈る。

 「神の限りないあわれみを味わうために、和解の秘跡を新たな深みで体験することができますように。」

 教皇フランシスコは、今月の祈りの意向をめぐり、ビデオの中で次のように話された。

**********

 わたしが告解に行く時、それはいやしのため、魂をいやすためです。

 より霊的な健やかさをもってそこを後にするため、みじめさからいつくしみへと移るためです。

 告解の中心にあるのは、わたしたちが告白する罪ではなく、わたしたちが受け取る神の愛です。わたしたちはそれをいつも必要としています。

 告解の中心には、イエスがおられます。イエスはわたしたちを待ち、耳を傾け、赦しを与えてくださいます。

 忘れないでください。神の御心においてより大切なのは、わたしたちの過ちよりも、わたしたち自身なのです。

 祈りましょう。神の限りないあわれみを味わうために、和解の秘跡を新たな深みで体験することができますように。そして、神が教会に、責め立てる人々ではなく、あわれみ深い司祭たちを与えてくださいますように。

02 3月 2021, 17:30