検索

Vatican News
教皇フランシスコと内赦院セミナー参加者との出会い 2021年3月12日 バチカン・パウロ6世ホール 教皇フランシスコと内赦院セミナー参加者との出会い 2021年3月12日 バチカン・パウロ6世ホール  (Vatican Media)

教皇と内赦院セミナー参加者との出会い

教皇フランシスコは、内赦院主催のセミナー参加者とお会いになった。

 教皇フランシスコは、3月12日、内赦院が主催したセミナーの参加者とお会いになった。

 内赦院は、教皇庁の裁判所の一つで、ゆるしの秘跡や贖宥(しょくゆう=教会の与える有限の罰の償いの免除)に関する問題を扱う。

 毎年、復活祭に備える悔い改めの期間「四旬節」には、内赦院主催で、聴罪司祭を対象に、「ゆるしの秘跡」について考えるセミナーが開かれる。

 今年のセミナーは、パンデミックの影響でオンライン開催になったにも関わらず、およそ900名の司祭の参加を得ることができた。

 セミナー最終日、バチカンのパウロ6世ホールで、教皇と参加者の一部との出会いが行われた。

 集いの席で教皇は、赦しの秘跡の意味を、「神の愛にゆだねる」「愛に変容される」「愛にふさわしい者となる」という3つの表現をもって説明された。

 信仰とは神のいつしみとの出会いであり、その憐み深く寛大な神の愛の中に完全に自分をゆだねること、と教皇は述べた。

 そして、悔い改める者は、ゆるしの秘跡の対話の中で、自分を受け入れてくれる愛の光と出会い、その愛と恵みによって変容され、石の心が肉の心となっていくのを体験することになる、と語った。

 真に回心を願う者は、自分が神から受けた愛にふさわしい者になろうとする、と述べた教皇は、神の愛に受け入れられた者は兄弟を受け入れ、神の愛に自らをゆだねた者は苦しむ人をなぐさめ、神にゆるされた者は兄弟を心からゆるす、と説かれた。

 わたしたち一人ひとりが神からゆるされた罪びとであることを思い出しながら、ゆるしの秘跡の中で人々がわたしたちを変えたその同じ神の愛に出会えるように奉仕しよう、と教皇は聴罪司祭らを励まされた。

12 3月 2021, 14:30