検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2021年2月10日の一般謁見 教皇フランシスコ 2021年2月10日の一般謁見  (Vatican Media)

「日常生活の中の祈り」をテーマに、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、2月10日(水)の一般謁見で、「日常生活の中の祈り」について講話を行われた。

 教皇フランシスコは、2月10日、水曜恒例の一般謁見をバチカン宮殿からビデオ中継で行われた。

 この日、教皇は謁見中の「キリスト教的祈り」をめぐるカテケーシスで、「日常生活の中の祈り」について話された。

 日常生活におけるキリスト教の祈りは、歩きながら、あるいは職場で、交通機関を使って移動中にと、あらゆる状況の中で神と続ける対話であり、愛する者がどこにいても愛する人を心に留めているように、祈る者はいつも神を心に抱いている、と教皇は話された。

 実際、祈りは神との対話に要約される、と教皇は述べ、そこであらゆる喜びは賛美となり、すべての試練は助けを願う機会となる、と話された。

 また、教皇は、祈りは沈黙においても熾火(おきび)のように燃え続け、一方で、一見世俗的に思われるあらゆる思考も、祈りの中に浸すことができる、と語られた。

 さらに、キリスト教の祈りは、人の心に打ち負かされることのない希望を注ぎ、人生のあらゆる体験も、神の愛によって善へと変えられる、と説かれた。

 今生きている今日という日はかけがえのないもの、と教皇は述べ、祈りはそれを恵みへと変容させ、怒りを静め、愛を支え、喜びを増し、赦しの力を与えることで、わたしたち自身をも変容させてくれる、と話された。

 祈りと共に毎日を始めるならば、勇気を得て、向き合うべき問題もわたしたちの幸福の妨げではなく、神との出会いに向かわせる呼びかけとなる、と教皇は語った。

 「すべてのことのため、すべての人のために祈ろう」と教皇は招かれ、親しい人々のためだけではなく、知らない人、さらには聖書が説くように、敵のためにも祈るように勧められた。

 祈りがもたらすあふれる愛を説く教皇は、恵まれない人、孤独や絶望にある人々のために、愛が彼らを力づけるように祈ろう、と呼びかけられた。

 また、教皇は、奇跡をもたらす祈りの力に触れ、貧しい人々は、神の恵みによって、キリスト者の祈りがイエスの憐みを呼び起こすことを直感している、と話した。

 祈りは、他者をも、その人の過ちや罪にも関わらず、愛することを助ける、と教皇は述べ、わたしたちは皆罪びとであると同時に、神から愛されているがゆえに、一人ひとりを愛し、祈りの中で思い起こすことが大切、と説いた。

 「人間は息にも似たもの」(詩編144,4)「人の生涯は草のよう」(同103,15)と詩編にあるように、わたしたちは儚い存在であるが、祈ることを知っており、これはわたしたちの最も大きな尊厳である、と話す教皇は、祈りがイエスのみ心にかなう時、奇跡を得ることができるだろう、と話された。

10 2月 2021, 13:27