検索

Vatican News

教皇、初めての「人類友愛国際デー」に参加

国連の第一回「人類友愛国際デー」が、来る2月4日に記念される。この機会に、教皇フランシスコは、アフマド・アル・タイーブ師と共に、アブダビでムハンマド・ビン・ザーイド皇太子出席のもと開催される、バーチャルミーティングに参加する。

 国連の第一回目の「人類友愛国際デー」(International Day of Human Fraternity)が、今年2月4日(木)に記念される。

 この記念日は、2020年12月21日、国連によって創設されたもので、宗教間の関係と文化を超えた対話を育むために、協力を新たにすることを目的としている。

 初めての「人類友愛国際デー」と、2019年2月4日に教皇フランシスコとアル=アズハルのグランド・イマーム、アフマド・アル・タイーブ師によって署名された共同文書「世界平和のための人類の兄弟愛(友愛)」を記念し、イタリア時間2月4日14時30分(日本時間同日22時30分)、アブダビでムハンマド・ビン・ザーイド皇太子が主催するバーチャルミーティングが開かれる。

 このミーティングには、ムハンマド・ビン・ザーイド皇太子をはじめ、教皇フランシスコ、アフマド・アル・タイーブ師、またアントニオ・グテーレス国連事務総長らが参加する。

 さらに、同日には、「人類友愛のためのザイード賞」が授与される。2年前の共同文書の理念に沿って設けられたこの賞は、人類の友愛に継続的に取り組む人に贈られるもので、受賞者は2019年の同文書署名後に発足した「人類友愛のための高等委員会」によって選考される。

01 2月 2021, 14:36