検索

Vatican News
教皇と教皇庁責任者ら、2月26日まで、四旬節の黙想期間 教皇と教皇庁責任者ら、2月26日まで、四旬節の黙想期間  (Vatican Media)

教皇、四旬節の黙想期間をおくられる

教皇フランシスコは、四旬節の黙想期間中のため、2月24日、水曜日恒例の一般謁見は行われない。

 教皇フランシスコは、2月21日(日)の午後から、2月26日(金)まで、四旬節の黙想期間を過ごされている。

 このため、2月24日(水)には、一般謁見は行われない。

 教皇フランシスコと教皇庁の高位聖職者らは、ここ数年、四旬節の黙想会をローマ郊外アリッチャの黙想の家で行ってきたが、今年はパンデミックのために、皆が集合することなく、各自による黙想が行われている。

23 2月 2021, 18:28