検索

Vatican News
ミャンマー・ヤンゴンでデモの市民と向き合う兵士たち 2021年2月7日 ミャンマー・ヤンゴンでデモの市民と向き合う兵士たち 2021年2月7日  (AFP or licensors)

教皇、ミャンマーのために祈る「調和ある共存を」

教皇フランシスコは、ミャンマー情勢を憂慮し、同国のために祈られた。

 教皇フランシスコは、2月7日(日)のお告げの祈りで、ミャンマー情勢に言及、同国のために祈られた。

 この席で教皇は、ここ数日のミャンマー情勢の進展を深い憂慮と共に見守っている、と話された。

 2017年にミャンマーを司牧訪問された教皇は、同国への親愛を表しながら、この難しい時局において、ご自身の霊的寄り添いと祈り、連帯を同国民に約束したい、と述べられた。

 そして、教皇は、ミャンマーの責任ある立場の人々が、誠実な姿勢をもって共通善に奉仕し、調和に満ちた共存のために、社会正義と国内の安定を促進することを願われた。

 教皇はミャンマーのために祈るよう、すべての人に呼びかけられた。

07 2月 2021, 13:24