検索

Vatican News
ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂で行われたエキュメニカルな夕べの祈り 2021年1月25日 ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂で行われたエキュメニカルな夕べの祈り 2021年1月25日  (Vatican Media)

キリスト教一致祈祷週間最終日、聖パウロ大聖堂で夕べの祈り

キリスト教一致祈祷週間の最終日、ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂で、エキュメニカルな夕べの祈りがとり行われた。

 1月18日(月)から始まった「キリスト教一致祈祷週間」は、「聖パウロの回心」の祝日、1月25日(月)に最終日を迎えた。

 同日午後、ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂(サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ)で、教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿をはじめ、諸キリスト教会の代表者ら出席のもと、エキュメニカルな夕べの祈りの集いが行われた。

 教皇フランシスコは、坐骨神経痛のためこの集いへの参加を見送られ、コッホ枢機卿が代理として儀式をとり行った。

 儀式中、教皇フランシスコによる説教が、コッホ枢機卿によって代読された。

 この中で教皇は、今年の同週間のテーマ、「わたしの愛にとどまりなさい。そうすれば、あなたがたは豊かに実を結ぶ」(参照:ヨハネ15・5-9)を引用しつつ、キリスト者は皆、「まことのぶどうの木」であるイエスにつながってこそ、一致を可能にすることができる、と説いている。

 ご自身をぶどうの木にたとえられたイエスは、「わたしの愛にとどまりなさい」と弟子たちに言われた。教皇は、「まことのぶどうの木」であるイエスは決してわたしたちの望みを裏切らず、わたしたちの罪や分裂にも関わらず、忠実な愛のうちに留まられる、と述べている。

 そして、わたしたちは皆、枝としてキリストにつながっているが、それはキリストとつながってのみ、わたしたちは育ち、実を結ぶことができることを意味する、と指摘している。

 教皇は、イエスのぶどうの木を観想しながら、その幹にある三つの同心円を思い描かれた。

 一番内側の円は、「イエスのうちにとどまる信仰」を意味し、ここから、それぞれの一致に向けた歩みが始まる。多くの人が分裂し定まらない心を抱えているが、イエスは、わたしたちの安定の源はイエスご自身に固く結びついていることだと教えている、と教皇は記された。

 教皇は、祈りについて、生きていくための水のように大切なものと述べ、イエスを中心にして祈ることで、イエスの愛を体験し、ぶどうの枝が木から樹液を汲み取るように、わたしたちの人生は生命を得ることができるだろう、と説かれた。

 中心から二つ目の円は、「キリスト者の一致」である、と教皇は言う。わたしたちは、同じぶどうの木につながる枝として、それぞれが行う善も悪も互いに影響し合う関係にある。霊と真理のもとに神に祈ることで、そこから相互の愛への思いが生まれ、「互いに愛し合うことで、神はわたしたちの内にとどまってくださる」(参照:1ヨハネ4,12)、と教皇は書いている。

 三つ目の大きな円は、さらに大きい一致、「全人類」の一致である、と教皇は記す。キリストのぶどうの木の樹液はすべてに及ぶが、自由にあらゆる場所に吹く聖霊の働きが人々を一致へと導く、と述べている。

 また、教皇は、聖霊はわたしたちに一致のうちに奉仕することを教え、わたしたちはそこで皆が兄弟姉妹であることを発見するだろう、と記す。また地の面を新たにする聖霊の呼びかけに答え、共通の家である地球を大切にすることを学ぶだろう、とも説いている。

 教皇は、わたしたちがキリストのうちに一致し、聖霊によって互いを御父の子、唯一の人類家族における兄弟と認めることができるよう、一致の中に成長する恵みを、交わりの愛である、至聖なる三位一体に祈られた。 

25 1月 2021, 18:49