検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2021年1月6日「主の公現」の祭日のお告げの祈り 教皇フランシスコ 2021年1月6日「主の公現」の祭日のお告げの祈り  (ANSA)

主の公現:教皇「神の光はいかなる闇よりも強い」

「主の公現」の祭日、教皇フランシスコはバチカンで正午の祈りを唱えられた。

 「主の公現」を祝った1月6日(水)正午、教皇フランシスコはバチカン宮殿の図書室で、お告げの祈りを唱えられた。

 この朝、聖ペトロ大聖堂で「主の公現」の祭日のミサを捧げられた教皇は、お告げの祈りの説教で、世を照らす光としてのイエスを観想された。

 教皇の「主の公現」の祭日のお告げの祈りの説教は、以下のとおり。

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 今日、わたしたちは主のご公現の祭日を記念します。主の公現とは、すべての人々に主が現れたことを祝いします。事実、キリストによって実現された救いに、国境はありません。主の公現は、主の降誕と異なる別の神秘ではなく、同じ神秘です。ただ、主の公現では、光の観点が強調されています。すべての人々を隈なく照らす光です。それはまた、信仰の中に捉えるべき光であり、愛徳と福音宣教において他の人々にももたらさるべき光です。

 今日の典礼で引用されたイザヤ預言者の言葉(参照:イザヤ60,1-6)は、この時代、特に現実味を帯びています。「闇は地を覆い、暗黒が国々を包んでいる」(同60,2)。このような状況の中で、預言者は光を告げます。この光は、遠くの者も近くの者も、すべての人々を惹きつけます。そして、皆、この輝きに向かって歩み始めます(同60,3)。胸いっぱいに新鮮な空気を吸うように、希望に心を開かせる情景です。

 もちろん、誰の人生にも、人類の歴史にも、常に闇と脅威は存在します。しかし、神の光は、いかなる闇よりも強いのです。問題は、すべての人々を照らすべく、この光を受け入れることです。では、この光はどこにあるのでしょうか。イザヤ預言者は、この光を遠くから垣間見ていました。しかし、それはエルサレムの人々の心を抑えがたい喜びであふれさせるのに十分でした。

 福音記者マタイは、東方からの博士たちのエピソードを伝えながら、この光とはベトレヘムで誕生したあの幼子である、と言っています (参照:マタイ2,1-12)。その幼子は王であるとすべての人が認めたわけではありません。しかし、このイエスこそが世を照らす光でした。地上に現れた星であるイエスは、待ちに待たれた救い主です。神は、イエスを通して、その愛と正義と平和の王国を実現されます。イエスは、ある人々のためではなく、すべての人、あらゆる民のために生まれました。

 この光は、どのように照らすのでしょうか。キリストの光は、いかにしてあらゆる場所と時代に広がるのでしょうか。それは、常に支配を手に入れようとする、この世の権力者を通してではありません。福音を告げ知らせることを通してです。神がわたしたちの間においでになるために選ばれたものと、同じ「方法」によってです。それは、ご託身、すなわち人々と同じようになることを通してでした。愛そのものである神の光は、このようにすべての人々を照らし、惹きつけるのです。星は、キリストです。救い主がすべての人に無償でくださる、無限のいつくしみと善意の宝の証人として、わたしたちも兄弟姉妹たちのために同じように星になることができ、またならなければなりません。

 必要とされるのは、この光を自分の中に受け入れ、より深く迎え入れることです。わたしたちも、あの博士たちのように、星に魅了され、導かれ、照らされ、キリストに向かって回心するよう招かれています。それは、わたしたちを喜びと新たな驚きで絶えず満たし続ける神のみ業の観想と、祈りを通しての信仰の歩みです。

 すべての人々の光であるキリストの福音があまねく世界に広まるよう、全教会の上に聖母マリアのご保護を祈りましょう。

06 1月 2021, 15:40