検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年12月23日の一般謁見 教皇フランシスコ 2020年12月23日の一般謁見  (Vatican Media)

プレゼピオのイエスが示す「優しさの道」、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、12月23日(水)、一般謁見をバチカン宮殿よりビデオを通して行われた。

 教皇フランシスコは、12月23日(水)、一般謁見をバチカン宮殿よりビデオを通して行われた。

 クリスマスを前に行われたこの謁見のカテケーシスで、教皇は主の降誕をテーマに講話された。

 教皇によるカテケーシスは次のとおり。

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 クリスマスを目前に控えた今日のカテケーシスでは、主の降誕をお祝いするための準備として、いくつかの考察を行いたいと思います。

 主の降誕の夜半のミサで、天使が羊飼いたちに告げた言葉が響き渡ります。「恐れるな。わたしは民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである」(ルカ2,10-12)。

 羊飼いたちに倣い、わたしたちもベツレヘムへと霊的な旅をしましょう。ベツレヘムの馬小屋でマリアは御子をお産みになりました。聖ルカが伝えるように、「宿屋には彼らの泊まる場所がなかった」(同2,7)からです。

 クリスマスは普遍的な祝日となりました。キリスト教徒ではない人も、このお祝いに惹きつけられる何かを感じています。しかし、キリスト者は、主の降誕とは、決定的な出来事、神が世に灯した永遠の火であり、その場限りのはかない物事と混同してはならないことを知っています。クリスマスが、贈り物やお祝いの言葉にあふれても、キリスト教信仰の欠けた、単に感傷的、消費的なお祭りに矮小化されないことが大切です。したがって、わたしたちの信仰の熱い核心の部分を受け入れられない、ある種の世俗的なメンタリティーを防ぐ必要があります。わたしたちの信仰の中心にあるもの、それは「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた」(ヨハネ1,14)ということです。これがクリスマスの核心、真理です。それ以外にはありません。

 降誕祭は、罪に傷ついた人々が絶えず真理・いつくしみ・贖いを求め続ける歴史のドラマと、それに対し、救いの真理を伝え、ご自身の友情といのちに与るようにとわたしたちに会いに来られる神について考えるよう招きます。この恵みの賜物を、わたしたちはクリスマスの素朴さと人間性を通して受け取ります。そして、その恵みは、今日のパンデミックによって広がった悲観主義をも、わたしたちの心と頭から取り除いてくれます。この小さく、貧しい、隠れた、弱々しい赤子が、わたしたちのために人となられた神ご自身であると知ることで、わたしたちは敗北感や失望に負けずに、不安な揺れ動く心を克服することができるのです。

 主の降誕がわたしたち一人ひとりに関わる出来事であるということを、第二バチカン公会議の「現代世界憲章」は、次のように言い表しています。「神の子は受肉によって、ある意味で自分自身をすべての人間と一致させた。キリストは人間の手をもって働き、人間の知性をもって考え、人間の意志をもって行動し、人間の心をもって愛した。キリストはおとめマリアから生まれ、真実にわれわれのひとりとなり、罪を除いては、すべてにおいてわれわれと同じであった」(現代世界憲章22)。

 この事実は、わたしたちに多くの喜びと勇気を与えてくれます。神はわたしたちを高みから見下ろしませんでした。神はわたしたちのそばを通りすぎることも、わたしたちの惨めさを嫌悪することもなさいませんでした。目立つ姿をとることもなく、わたしたちと完全に同じ、人間の性質と条件を身に着けられました。罪を除いては、すべての人間性を持っておられました。キリストは、わたしたちのあるがままを引き受けられたのです。これは、キリスト教を理解する上で本質的なことです。

 聖アウグスチヌスは、自身の回心の歩みを思い起こしながら、「告白」の中で次のように記しています。「わたしには、わが神、謙遜なイエスをいただくための、へりくだりがまだ欠けていた。イエスの弱さを通しての教えもまだ知らなかった」。イエスの「弱さ」は、一つの教えです。なぜなら、それは神の愛をわたしたちに啓示するからです。クリスマスは、わたしたちのために、イエス・キリストにおいて受肉し生まれた神の愛を祝う日なのです。イエスは、人間の存在と全歴史に意味を与える、闇の中に輝く光です。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、この短い考察が、しっかりした自覚のもとにクリスマスを祝う助けになることを願います。さて、ここに、もう一つ、クリスマスに備える方法があります。皆さんに思い出して欲しいこと、誰にでもできることです。それは、プレゼピオの前で、沈黙のうちにしばらく祈ることです。これについて、昨年、わたしは「アドミラビレ・シニュム」 ―素晴らしいしるしという意味ですが― という書簡を発表しました。アッシジの聖フランシスコに学び、主の降誕の場面に思いをはせることで、わたしたちも少し子どもに返ることができるでしょう。そして、神がこの世に来ることを望まれたその「素晴らしい」方法にあらためて胸を打たれるのです。この観想は、わたしたちの心に優しさを蘇らせるでしょう。今日のわたしたちには、優しさが大いに必要です。

 パンデミックがわたしたちに互いに距離を置くことを余儀なくしたのに対し、プレゼピオの中のイエスは、寄り添うため、人間らしくあるための、優しさの道をわたしたちに示しています。この道を行こうではありませんか。どうかよい降誕祭をお迎えください。

23 12月 2020, 15:53