検索

Vatican News
教皇フランシスコとバチカンの高位聖職者・責任者らとの集い 2020年12月21日 教皇フランシスコとバチカンの高位聖職者・責任者らとの集い 2020年12月21日  (Vatican Media)

教皇「危機を回心と兄弟愛への渇望を呼び覚ます機会に」

教皇フランシスコは、バチカンの高位聖職者や責任者らとの集いで、降誕祭前の挨拶を交換された。

 教皇フランシスコは、12月21日(月)、日頃ご自身の協力者としてバチカンの諸機関で働く高位聖職者や責任者らと、降誕祭前の挨拶を交換された。

 一年の教皇庁の活動を振り返る機会でもあるこの恒例の集いは、今年は新型コロナウイルスによるパンデミックを背景に行われた。

 この席で教皇は、降誕祭を機会に、パンデミックによって、保健衛生、社会経済、さらには教会に至るまで、全世界が危機に巻き込まれたこの一年を振り返られた。

 教皇はこれらの危機を見つめる一方で、それを回心と兄弟愛への渇望を世界に再び呼び覚ますための大きな機会とするよう招かれた。

 危機をチャンスと見なす思考は、教会というものを、過去や現在のスキャンダルが引き起こした危機をもとに性急に定義しようとする傾向に、注意を与えてくれる、と教皇は指摘。

 教会に「見込みのない」ない診断を下すことは現実的ではない、なぜなら神はわたしたちの間に御国の種を蒔き育て続けられるからである、と語った。

 また、教皇は、危機を争いと混同してはならない、とも述べ、危機は一般によい結果につながるが、争いは対立を残すだけである、と語った。

 教会は一つの体として常に問題を抱えているが、それは教会が生きているからであり、だからと言って、体の中で勝敗を争うような対立があってはならない、と教皇は話された。

 あらゆる危機は、常に物事を新たにするための正当な必要を伴うと述べつつ、教皇は、教会の改革とは、古い服の継ぎあてでも、単純に新しい憲章の起草でもないと強調。

 「キリストの体」はすべての歴史を抱擁するものであり、教会はキリストの「服」のようなものではない、と語った。

 さらに、教皇は、聖霊の恵みなくしては、教会のシノドス的な在り方は、交わりを構築する代わりに、多数派と少数派で構成される民主主義の議会のように理解されかねない、と述べ、聖霊の存在だけがそこに違いをもたらす、と説かれた。

 わたしたちは「取るに足らない僕」(ルカ17,10)であるという自覚を胸に、心に大きな平安を保ち、対立から抜け出し、歩みの中に戻るように感じることは、素晴らしいこと、と述べた教皇は、貧しい人々の中に神の御顔を見出し、寛大に情熱的に福音宣教のために働くよう、教皇庁の関係者らを励まされた。

21 12月 2020, 18:27