検索

Vatican News
2020年度降誕祭:教皇フランシスコによるメッセージと祝福 2020年度降誕祭:教皇フランシスコによるメッセージと祝福  (Vatican Media)

降誕祭2020ウルビ・エト・オルビ:教皇メッセージ全文

教皇フランシスコは、2020年12月25日、クリスマスのメッセージと、ローマと全世界に向けた教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられた。

 教皇フランシスコは、2020年12月25日、バチカンより、クリスマスのメッセージと、ローマと全世界に向けた教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられた。

 教皇フランシスコの2020年度降誕祭のクリスマスメッセージの全文は以下のとおり。

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、主のご降誕をお祝い申し上げます。

 この祭日にあたり、教会が告げ知らせるメッセージを、預言者イザヤの言葉をもって、すべての皆さんに届けたいと思います。

 「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。ひとりの男の子がわたしたちに与えられた」(イザヤ9,5)。

 ひとりのみどりごが生まれました。子どもの誕生はいつでも希望の源です。それは花開くいのち、未来の約束です。この幼子イエスは、「わたしたちのために生まれました」。その「わたしたち」には、国境も、優先も、除外もありません。ベツレヘムでおとめマリアから生まれた幼子イエスは、わたしたち皆のためにお生まれになりました。イエスは、御父が全人類という家族に与えられた、ご自身の「御子」なのです。

 この御子のおかげで、わたしたちは、神に向かって「父」「お父さん」と呼びかけることができます。イエスは神の御独り子です。イエスの他には御父を知る者はいません。しかし、御子は、まさに御父の御顔をわたしたちに啓示するために。この世に来られました。こうして、この幼子イエスのおかげで、わたしたちは大陸や言語や文化を超えて、互いを本当に兄弟姉妹と呼ぶことができるのです。

 環境危機と、パンデミックのためにより深刻化した経済・社会の不均衡を背負うこの歴史的な時、わたしたちはこれまでになく兄弟愛を必要としています。そして、神は、御子イエスを遣わすことで、その兄弟愛を与えてくださるのです。それは、立派な言葉や、抽象的な理想、漠然とした感情からなる兄弟愛ではありません。そうではなく、自分とは異なる他者と出会い、その苦しみを分かち合い、寄り添い、たとえ自分の家族、民族、宗教ではなくても兄弟として受け入れることのできる、真の愛に基づいた兄弟愛です。これは民族間、国家間の関係にも言えることです。皆、兄弟なのです。

 クリスマスに、わたしたちはこの世に降誕したキリストの光を祝います。キリストは、限られた人のためではなく、すべての人のために来られました。パンデミックのために闇と不安に覆われた今、ワクチンの発見のように、いくつかの希望の火が灯り始めています。この希望が世界にもたらされるには、ワクチンが皆に行き渡らなければなりません。わたしたちの真の人類家族としてのあり方が、閉鎖的な国家主義によって妨げられてはなりません。同様に、個人主義というウイルスに打ち負かされて、他の兄弟姉妹に無関心になることがあってもいけません。他者より自分を優先させたり、市場や特許をめぐるルールを人類の愛と健康よりも上に置くことはできません。各国や、企業、国際機関の責任者にお願いいたします。競争ではなく、協力を推進し、皆のための解決を求めましょう。ワクチンが地球の全地域のすべての人に、特に弱く貧しい人たちに届きますように。弱く貧しい人たちを、第一に考えることができますように。

 わたしたちが、特に弱い立場の人や病者たち、また、パンデミックがもたらした経済的影響で仕事を失った人や、困窮する人、さらに家庭内暴力に遭っている女性たちに、連帯をもって寛大に快く奉仕できるよう、ベツレヘムの幼子が助けてくださいますように。

 際限のないこの試練を前に、互いに壁を築いていることはできません。わたしたちは皆、同じ船に乗り合わせています。すべての人が自分の兄弟です。一人ひとりの中に神の御顔の反映を見、苦しむ人たちの中に助けを求める主の姿を認めます。病者や、貧しい人、失業した人、疎外された人、移民や難民の中に主を見出します。皆が兄弟姉妹です。

 神の御言葉が人間の幼子として世に生を受けたこの日、戦争に苦しむ世界中の子どもたちに目を向けましょう。特にシリア、イラク、イエメンでは、子どもたちが戦争の大きな代償を払わされています。紛争の原因と向き合い、平和な未来の構築に勇気をもって取り組むために、これらの子どもたちの姿が、善意の人々の良心を促しますように。

 この降誕祭が、中東全域と地中海地域東部の緊張を和らげる機会となりますように。

 幼子イエスが、愛するシリア国民の傷をいやしてくださいますように。シリアはおよそ10年にもわたり戦争とその惨禍に苦しみ、さらに最近のパンデミックが追い打ちをかけています。御子が、イラクの人々と和解の道を歩むすべての人々に、慰めをもたらしてくださいますように。中でもヤジディ教の人々は、ここ数年の戦争で深刻な打撃を被りました。イエスが、リビアに平和を取り戻させ、国内のあらゆる対立を収めるための新たな協議を可能にしてくださいますように。

 ベツレヘムの幼子が、ご自身がお生まれになった地に、兄弟愛をもたらしますように。イスラエルとパレスチナの人々が、直接的な対話を通し、正義ある恒久平和を追求するための、相互の信頼を再構築できますように。そして、暴力に打ち勝ち、根付いた怨恨を克服し、世界に兄弟愛の素晴らしさを証しすることができますように。

 主の降誕の夜に輝いた星が、レバノン国民を導き、励ましますように。国際共同体の支援の下、困難に立ち向かう同国が、希望を失うことがありませんように。レバノンが改革の道を歩み、自由と平和的共存という自らの召命に従えるよう、同国の責任者たちの、それぞれの利害を脇に置いた、誠実な努力を、平和の君が助けてくださいますように。

 いと高き神の御子が、ナゴルノ・カラバフの、またウクライナ東部の、停戦継続と対話促進のための国際共同体と関係国の努力を支えてくださいますように。対話こそ、平和と和解に導く唯一の道です。

 過激派や、武力紛争、パンデミック、自然災害を原因とする深刻な人道危機に見舞われた、ブルキナファソ、マリ、ニジェールの人々の苦しみを、神なる幼子が和らげてくださいますように。また、エチオピアにおける暴力を止めてくださいますように。同国では武力衝突のために多くの人が避難を強いられています。イエスが、国際テロの暴力の犠牲となっているモザンビーク北部カーボ・デルガード州の住民に慰めをもたらし、兄弟愛と対話の道を目指す南スーダン、ナイジェリア、カメルーンの責任者を励ましますように。

 御父の永遠の言(ことば)イエスが、新型コロナウイルスへの感染が特に深刻なアメリカ大陸の希望の源となりますように。パンデミックは、社会の腐敗や麻薬売買によって引き起こされた人々の苦しみをさらに大きなものにしています。イエスが、チリの最近の社会的緊張の克服を助け、ベネズエラ国民の苦しみを取り去ってくださいますように。

 天の王が、自然災害に苦しむ南東アジアの人々を守ってくださいますように。特にフィリピンとベトナムでは、いくつもの台風による洪水で、多くの人命が奪われたばかりでなく、環境は破壊され、地域経済の打撃と共に、多くの家族が困難に直面しています。

 アジアに思いを向けながら、ロヒンギャの人々を忘れることはできません。貧しい人々の間に貧しく生まれたイエスが、苦しむこれらの人々に希望をもたらしますように。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、

 「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれました」(イザヤ9,5)。わたしたちを救うためにお生まれになりました。幼子イエスは、苦しみや悪が勝利することはない、とわたしたちに告げています。暴力や不正義を前にあきらめることは、降誕祭の喜びと希望を拒むことにほかなりません。

 この祭日にあたり、わたしの思いは、特に、困難な状況に押しつぶされることなく、苦しむ人を助け、独りの人に寄り添いながら、希望と慰め、助けをもたらすために働く、すべての人たちに向かいます。

 イエスは馬小屋に生まれましたが、おとめマリアと聖ヨセフの愛情に包まれていました。人となられた神の御子は、家族の愛を聖なるものとしました。わたしは、今日、互いに会えないでいる家族たち、また家に留められている家族たちを思います。降誕祭が、すべての人にとって、いのちと信仰のゆりかご、愛・受容・対話・赦し・連帯の場所、全人類の平和の源泉としての家庭の価値を再発見する機会となりますように。

 皆さま、主のご降誕おめでとうございます。

25 12月 2020, 18:32