検索

Vatican News

12月の教皇の祈りの意向:祈りの生活

教皇フランシスコは、2020年12月の祈りの意向をめぐり、ビデオによるメッセージをおくられた。

 カトリック教会は、毎月、「教皇の祈りの意向」を示し、教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いている。

 2020年12月は、「祈りの生活」をテーマに、次のように祈る。

 「イエス・キリストとのパーソナルなかかわりが、神のみことばと祈りの生活によって養われますように」。

 教皇フランシスコは、今月の祈りの意向をめぐり、ビデオを通し次のように語られた。

**********

 教会のミッションの心臓、それは祈りです。

 祈りは、わたしたちにとって、御父との対話に入るための鍵です。

 福音書の一節を読むたびに、イエスが話かける声を聞きます。

 わたしたちはイエスと会話します。

 イエスに耳を傾け、答えます。

 これが祈りです。

 祈ることで、わたしたちは現実を変化させます。

 そして、心を変化させます。

 祈る時、わたしたちの心は変わります。

 わたしたちには多くのことができますが、祈りなしでは、うまくいきません。

 イエス・キリストとのパーソナルなかかわりが、神のみことばと祈りの生活によって養われますように。

 沈黙のうちに、皆で、それぞれ心をこめて祈りましょう。

01 12月 2020, 17:00