検索

Vatican News
教皇フランシスコによる正午の祈りの集い 2020年12月6日 バチカン・聖ペトロ広場 教皇フランシスコによる正午の祈りの集い 2020年12月6日 バチカン・聖ペトロ広場  (Vatican Media)

「回心は神に心から願うべき恵み」教皇、日曜正午の集い

教皇フランシスコは、12月6日(日)、正午の祈りの集いで「回心」をテーマに説教を行われた。

 教皇フランシスコは、12月6日(日)、正午の祈りをバチカンの広場の信者と共に唱えられた。

 降誕節第二主日、教皇は説教で、この日の福音朗読箇所、マルコ福音書冒頭の洗礼者ヨハネが悔い改めの洗礼を宣べ伝える場面(1,1-8)を取り上げられた。

 教皇の説教は次のとおり。

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 今日の日曜日のミサの福音(マルコ1,1-8)は、洗礼者聖ヨハネの働きとその姿をよく表しています。聖ヨハネは、同時代の人々に、信仰の歩みを示しました。それは、救い主の到来を準備する降誕節がわたしたちに提案している歩みと同じものです。

 信仰のこの歩みは、回心の歩みです。「回心」とは、何を意味しているのでしょうか。聖書において、回心とは何よりもまず方向転換を意味します。また、考え方を変えることも意味しています。霊的生活や道徳においては、悪から善に、罪から神への愛に、すべてを切り替えることをも意味します。

 これこそ、洗礼者聖ヨハネが当時の人々に教えていたことでした。福音書は、ヨハネがユダヤの荒野で、罪のゆるしのための洗礼を宣べ伝えていたと記します。洗礼を受けることは、洗礼者ヨハネの説教に耳を傾け、償いをしようと心に決めた人々の、回心の目に見えるしるしでした。その洗礼は、ヨルダン川の水に身を浸すことでした。しかし、心を改め、生活を変えようとの決心なしでは、無意味になってしまうものでした。

 回心は、犯した罪に対する心の痛み、これから先、常に罪を避けようとの決心を伴います。罪を避けるということは、罪に伴うすべてのことをも拒否しなければなりません。神とは相いれない考え方や、世間的な傾向、安易な生活や快楽、富に対する極端な傾きをも捨て去ることを意味します。

 このような離脱の模範を、洗礼者ヨハネの中に見出すことができます。ヨハネは厳しい生活を送り、あらゆる安楽から離れ、余分なものを捨て去り、本質のみを求めていました。わたしたちも、まず聖ヨハネのように離脱の精神から始めましょう。

 回心のもう一つの側面は、この歩みには明白な目的があるということです。それは、神とそのみ国を目指すということです。安楽な生活や、この世のメンタリティーからの離脱は、それ自体が目的なのではありません。それによってさらにより偉大なものへと向かうことなのです。すなわち、それらを通して、神のみ国を得、神との友情を育み、神と一致すること、これこそが真の目的なのです。

 しかし、これはそれほど易しいことではありません。なぜなら、まだ多くのことが、わたしたちを罪に近づけようとしているからです。罪への誘惑は、絶えずわたしたちを襲います。

 時には、神はほとんど沈黙し、わたしたちが神に向かう力も尽きるのを感じることもあるでしょう。そのような時、回心など本当にできるはずないのだという誘惑にかられることがあります。それはとても危ない考えです。回心はできます。必ずできます。

 

 このような悲観的な考えが起こる時、決してそこに留まることのないようにしてください。それは、まるですべてを飲み込み押し流す土砂のようなものです。このような時は、どうしたらよいのでしょうか。もうだめだ、わたしには回心など到底できないと感じる時、何よりもまず、回心は一つの恵みであることを思い起こしてください。

 誰も、自分一人の力で回心はできません。回心は、神に心から願うべきもの、神がくださる恵みです。わたしたちを回心させてくださいと、神に願いましょう。神の恵みによって、本当に回心することができるでしょう。神の優しさ、そのいつくしみを考えましょう。神は、最後の最後までご自身の群れを守る牧者であり、心暖かい父親です。

 回心は、神からくる恵みです。神がわたしたちを歩ませてくださいます。前進しましょう。必ず神にたどり着けるでしょう。

 無原罪の聖母マリアが、神とそのみ言葉と愛に心を開けるよう、わたしたちを罪からお守りくださいますように。

06 12月 2020, 16:43