検索

Vatican News
教皇、日曜正午の集いで、プレゼピオの幼きイエス像を祝別 2020年12月13日 教皇、日曜正午の集いで、プレゼピオの幼きイエス像を祝別 2020年12月13日  (ANSA)

教皇「幼子イエスの優しさに心をゆだねよう」

教皇フランシスコは、12月13日、日曜正午の祈りで、プレゼピオのための幼きイエス像を祝別された。

 教皇フランシスコは、12月13日(日)、バチカンで正午の祈りの集いを持たれた。

 「喜びの日曜日」と呼ばれる、この「待降節第三主日」には、毎年、教皇によって、プレゼピオ(イエスの降誕を再現した馬小屋の模型)用の幼きイエス像が祝別される。

 例年、ローマ教区の子どもたちが幼きイエス像をそれぞれ手にして大勢集うこの行事であるが、今年は新型コロナウイルスによるパンデミックのため、教区を代表し、いくつかの家族からなるグループが参加した。

 教皇はこれらの家族たち、またそれぞれの教会のオラトリオや家庭でビデオを通して参加する子どもたちに、次のように語りかけられた。

 「今年は、パンデミックのために、広場で参加する皆さんの数は多くはありませんが、大勢の子どもたちが、皆、オラトリオや、それぞれの家庭で、メディアを通して参加しているのを知っています。

 皆さん一人ひとりに挨拶をおくります。そして、これから幼きイエス像を祝別します。皆さんの幼きイエス像は、希望と喜びのしるしとして、プレゼピオの中に置かれることでしょう

 さあ、静かに、幼きイエス像を祝別しましょう。… 父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。

 皆さんがそれぞれのおうちのプレゼピオの前で、ご家族と共に祈る時、幼子イエスの優しさに心をゆだねてください。

 貧しくか弱い幼子イエスは、わたしたちにご自身の愛を与えるために、わたしたちの間にお生まれになりました。

 皆さん、よい日曜日を。喜びを忘れてはなりません。キリスト者は、たとえ試練にあっても、心に喜びを持っています。それは、イエスがそばにいるからです。イエスが、わたしたちに喜びをもたらすのです」。

 教皇は、幼子イエス像の祝別で、このように話された。

13 12月 2020, 15:49