検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年12月27日 聖家族の祝日のお告げの祈り 教皇フランシスコ 2020年12月27日 聖家族の祝日のお告げの祈り  (Vatican Media)

聖家族:教皇、使徒的勧告『愛のよろこび』の考察深める特別年布告

教皇フランシスコは、聖家族の祝日、正午の祈りをバチカン宮殿からビデオを通して行われた。この席で教皇は、来年3月に迎える、使徒的勧告『愛のよろこび』発表5周年を機に、同文書の考察を深める特別年の開催を明らかにされた。

 カトリック教会の典礼暦は、主の降誕の祭日の直後の日曜日、ナザレの聖家族を祝う。

 教皇フランシスコは、聖家族の祝日を迎えた12月27日(日)正午、お告げの祈りをバチカン宮殿で唱えられた。

 この席で教皇は、来年3月19日の聖ヨセフの祝日に、家庭をテーマにした使徒的勧告『愛のよろこび』の発表から5周年を迎えることに言及。これを機に、同使徒的勧告をめぐり考察を深める特別年を開催する旨を明らかにされた。

 バチカン広報局によれば、この特別年は、来年の聖ヨセフの祝日、2021年3月19日から始まり、2022年6月にローマで開催予定の「第10回世界家庭大会」をもって終了する。

 聖家族の祝日における、教皇のお告げの祈りの説教は以下のとおり。

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 降誕祭から数日後、教会の典礼は、イエス、マリア、ヨセフの聖家族に眼差しを注ぐよう招きます。神の御子が、他のすべての子どもたちと同じように、家族の温かさを必要としていたことを思うのは素晴らしいことです。まさにその事実ゆえに、ナザレの聖家族は、世界中のすべての家族が確かな拠り所、理想とする、模範的な家族なのです。

 聖霊の働きにより、おとめマリアが受胎した時、ナザレにおいて、神の御子の、人間としてのいのちの春が芽を出しました。ナザレの家庭の中で、マリアの母性的な配慮と、ヨセフの世話に囲まれて、イエスの幼児期は喜びのうちに過ぎていきました。イエスはヨセフの中に、神の優しさを見出していました(使徒的書簡パトリス・コルデ2)。

 わたしたちは、聖家族に倣い、家庭の教育的価値を再発見するようにと招かれています。その価値は、愛に基づいていなくてはなりません。愛は常に絆を新たにし、希望ある展望を開きます。

 家庭が祈りの家となる時、愛情が深く純粋である時、赦しが不和を超える時、日々の生活の困難が互いの優しさと神の御旨への安らかな従順によって和らげられる時、人は家庭の中で誠実な交わりを体験することができます。

 こうして、家庭は、快く自分を与えるすべての人に神が与える喜びに、自らを開くことができ、同時に、外へ、他者へ、兄弟たちへの奉仕へ、より良い新しい世界の構築の協力へと開く、霊的な力を見出すことができるのです。それは、人々に前向きな刺激をもたらし、生き方の模範をもって福音を伝える家庭です。

 当然、どの家庭にも問題はあります。時には喧嘩もあるかもしれません。それでも、一日の終わりには仲直りをしてください。「冷戦」を翌日に持ち越すことは、ためになりません。家庭には、大切に守るべき三つの言葉があります。それは、「(…しても」いいですか?」「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉です。家庭内にこの三つの言葉があれば、その家族はうまくいくでしょう。

 今日の祝日は、夫婦と家族の愛の理想をあらためて示しながら、家庭を通しての福音宣教へと、わたしたちを招いています。それは、使徒的勧告『愛のよろこび』で強調されているとおりです。同勧告は、来年3月19日で発表から5周年を迎えます。これを機会に、『愛のよろこび』を考察する特別年が行われます。それは同文書の内容をより深く理解する機会となるでしょう。

 この使徒的勧告の実りは、皆の歩みに寄り添うために、教会共同体や家庭で役立てられるでしょう。教皇庁信徒・家庭・いのち省がこの特別年のために準備する企画への参加を、すべての皆さんに今から呼びかけたいと思います。ナザレの聖家族、特に配慮に満ちた浄配にして養父である聖ヨセフに、全世界の家族と共にするこの歩みを託したいと思います。

 これから唱えるお告げの祈りをもって、おとめマリアに助けを祈りましょう。全世界の家庭が、聖家族の福音的理想にいっそう魅了されますように。そして、これらの家庭が、新しい人類と、具体的・普遍的な連帯のパン種となることができますように。

27 12月 2020, 14:39