検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年11月22日のお告げの祈り 教皇フランシスコ 2020年11月22日のお告げの祈り  (Vatican Media)

王であるキリスト:教皇「わたしたちは愛について裁かれる」

典礼暦の年間最後の日曜日、「王であるキリスト」を祝った11月22日(日)、教皇フランシスコは、バチカンで正午の祈りの集いを行われた。

 教皇フランシスコは、11月22日(日)、バチカンでお告げの祈りの集いを持たれた。

 この日、カトリック教会の典礼暦は、年間最後の日曜日、「王であるキリスト」の祭日を祝った。

 教皇は、同日午前、聖ペトロ大聖堂でミサを司式後、正午の祈りを広場の巡礼者と共に唱えられた。

 祈りに先立つ説教で、教皇は、典礼年間を締めくくるこの日の福音朗読箇所(マタイ福音書25,31-46)は、キリストの神秘を終末的観点から明らかにしている、と述べた。

 同箇所で、イエスは、地上におけるご自分の生涯の終わりを前に、最後の審判について語られる。

 教皇は、皆が罪に定めようとしているイエスこそが、実は至上の審判者であり、イエスはその死と復活を通して、歴史の主、天地万物の王、すべての人の審判者としてのご自身を現わされる、と話された。

 しかし、その至上の審判者は、恐るべき威厳をただよわせる王ではなく、柔和さといつくしみにあふれた牧者として現れる、と教皇は述べ、実際、最後の審判のたとえで、イエスが「羊飼いが羊と山羊を分けるように」と、羊飼いのイメージを用いていることを指摘。

 王=羊飼いの姿の中だけでなく、迷子の羊たち、すなわち最も小さく貧しい者たちの中にもおられるイエスは、「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25,40)という言葉のとおり、わたしたちを愛について、憐み、寄り添い、思いやりなどの業において裁かれる、と説かれた。

 ここで「善きサマリア人」のたとえを思い出すよう招かれた教皇は、助けを必要とする兄弟姉妹を前に、無関心に道の反対側を通り過ぎるか、それとも助けを求める人の中にイエスを認めて近づくか、わたしたちはこれによって裁かれる、と語られた。

 愛の道を忠実に御子に従って歩み、天に上げられた聖母に、謙遜で寛大な奉仕の扉を通り、神の御国に今から入ることを学ぼう、と、教皇は信者らに呼びかけられた。

22 11月 2020, 18:15