検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年11月8日(日)のお告げの祈り 教皇フランシスコ 2020年11月8日(日)のお告げの祈り  (ANSA)

教皇、エチオピアとリビアの平和祈る

教皇フランシスコは、エチオピアとリビアに平和をアピールされた。

教皇フランシスコは、11月8日(日)、バチカンで行われた正午の祈りで、エチオピアとリビアの平和を祈られた。

エチオピアでは、数日前から、連邦政府軍と北部ティグレ州の与党「ティグレ人民解放戦線」の軍事組織が衝突、国内の緊張が高まっている。

この集いで、エチオピア情勢に憂慮を示された教皇は、武力衝突の誘惑を退けるよう呼びかけると共に、すべての人に、祈りと、兄弟としての尊重、対話、不和からの平和的再構築を促された。

また、教皇は、同日チュニジアで始まった「リビア政治対話会議」に言及。リビアで衝突する両当事者が出席するこの会議の重要性を指摘しつつ、これを機会に、リビア国民の長い苦しみに終止符を打つ解決が見出され、最近結ばれた停戦合意が尊重、実施されることを願われた。教皇は、会議参加者と、リビアの平和と安定のために祈るよう、皆を招かれた。

さらにこの日、教皇は、パンデミックに加え、大型ハリケーンによる多くの犠牲者と膨大な被害のために苦しむ中米諸国を思い、犠牲者と遺族、被災者と救援者のために祈られた。

08 11月 2020, 17:41