検索

Vatican News
バチカン市国内のテウトニコ墓地  バチカン市国内のテウトニコ墓地   (Vatican Media)

教皇、11月2日にバチカンのテウトニコ墓地でミサ

教皇フランシスコは、11月2日の「死者の日」に、バチカンのテウトニコ墓地でミサを捧げられる。

 教皇フランシスコは、典礼暦で「死者の日」を記念する11月2日(月)、イタリア時間16時より、バチカン市国内のテウトニコ墓地でミサを捧げられる。

 バチカン広報局の発表によれば、教皇のミサは、私的な形で、信者の参加を伴わずにとり行われる。

 ミサ終了後に、教皇は墓地で祈りの時を持たれる。

 続いて、教皇は聖ペトロ大聖堂地下のグロッタに赴き、先代の教皇たちの墓前で祈られる。

 11月5日(木)午前11時、教皇は聖ペトロ大聖堂の司教座の祭壇で、この1年間に亡くなった枢機卿・司教のためにミサを司式される。

 今後数か月、宗教儀式は、これまでもそうであったように、パンデミック状況に応じた変更がない限り、現行の新型コロナウイルス感染拡大防止措置に従い、信者の参加人数をかなり限定してとり行われる。

28 10月 2020, 16:28