検索

Vatican News
大規模爆発が起きたベイルートの港湾地区 2020年8月5日 大規模爆発が起きたベイルートの港湾地区 2020年8月5日  (AFP or licensors)

教皇、ベイルートの大規模爆発の犠牲者のために祈る

教皇フランシスコは、レバノン首都ベイルートで起きた大規模爆発の犠牲者と同国民のために祈られた。

教皇フランシスコは、8月5日(水)、バチカンからビデオを通して行われた一般謁見で、前日レバノン首都ベイルートで発生した大規模爆発に言及し、犠牲者のために祈られた。

この席で教皇は、ベイルートの港湾地区で8月4日起きた非常に強い爆発が、多くの犠牲者と負傷者、深刻な破壊をもたらしたことに触れられた。

教皇は、犠牲者と遺族のために、また、レバノンの人々が社会・政治・宗教界のすべての成員の努力をもって、これほどにも悲劇的で痛ましいこの時局に立ち向かい、国際共同体の支援を通し、現在直面している重大な危機を乗り越えられるよう、信者らを祈りに招かれた。

05 8月 2020, 11:22