検索

Vatican News
「祈りと沈黙の日」に参加するニカラグアの信者たち 2020年8月2日 「祈りと沈黙の日」に参加するニカラグアの信者たち 2020年8月2日  (ANSA)

教皇、ニカラグアのブレネス枢機卿にメッセージ

教皇フランシスコは、ニカラグアのブレネス枢機卿に連帯のメッセージをおくられた。

教皇フランシスコは、ニカラグアのマナグア大司教、レオポルド・ホセ・ブレネス枢機卿に連帯のメッセージをおくられた。

このメッセージは、マナグアのカテドラルが、7月31日、聖堂内に投げられた火炎瓶によって火事となり、4世紀の歴史を持つ古い十字架像が焼け焦げるなど、深刻な被害を受けたことに対し、教皇の寄り添いと祈りを伝えるもの。

ブレネス枢機卿に宛て、教皇は、「親愛なる兄弟、この野蛮な破壊行為のために、あなたと悲しみを共にしています。わたしはあなたとあなたの民に寄り添いたいと思います。すべての皆さんのためにお祈りしています」と記された。

教皇の手書きのメッセージは、「祈りと沈黙の日」となった8月2日(日)、ミサの中でブレネス枢機卿によって読み上げられた。

同枢機卿は、住まいからビデオを通して中継したミサの説教で、カテドラルを襲った「卑劣な」「テロ行為」に言及すると共に、教皇の連帯に感謝を表明。教皇の寄り添いは「わたしたちを信仰のうちに強め、前に進むための勇気を与えてくれるもの」と話した。

一方で、マナグア大司教区のフェイスブックには、世界各地からの連帯のメッセージや、この「祈りと沈黙の日」を過ごすために信者たちが自宅の一角に作った、十字架を据えた小さな家庭祭壇の写真が数多くあげられた。

03 8月 2020, 16:35