検索

Vatican News
9月の一般謁見会場に予定されている、教皇宮殿の・聖ダマソの中庭 9月の一般謁見会場に予定されている、教皇宮殿・聖ダマソの中庭 

バチカン:教皇一般謁見、9月から信者も参加

9月より、教皇一般謁見は、新型コロナウイルス感染防止対策のもと、再び信者の参加を伴って行われる。

教皇公邸管理部は、9月より、教皇一般謁見を信者の参加を伴って再開する予定であると明らかにした。

教皇フランシスコによる水曜日恒例の一般謁見は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年3月中旬より、教皇宮殿内からビデオ中継を通し開催されてきた。

教皇公邸管理部の発表によれば、来る9月2日(水)より、教皇一般謁見は、信者たちと共に行う形で再開される。

同管理部の声明では、9月の毎週の一般謁見は、新型コロナウイルス感染防止対策上の指示のもとに、教皇宮殿の「聖ダマソの中庭(コルティーレ・ディ・サン・ダマソ)」で、午前9時30分から開始される。

謁見への参加は、希望者を対象とし、入場券は不要。

会場への入場は、午前7時30分より、聖ペトロ広場の右柱廊にある、教皇宮殿の「青銅の扉(ポルトーネ・ディ・ブロンゾ)」から行われる。

27 8月 2020, 11:05