検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年8月23日(日)正午の祈りで 教皇フランシスコ 2020年8月23日(日)正午の祈りで 

ペトロの信仰告白を観想、教皇、日曜正午の集い

教皇フランシスコは、日曜正午の集いで、ペトロの信仰告白を観想された。

教皇フランシスコは、8月23日(日)、バチカンで正午の祈りを巡礼者と共に唱えられた。

教皇は祈りに先立つ説教で、この日の福音朗読箇所、ペトロが信仰を言い表す場面(マタイ16,13-20)を取り上げ、次のように話された。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

この主日の福音では、ペトロが、イエスはメシアであり神の子である、という、イエスにおける信仰を告白する場面(参照:マタイ16,13-20)が示されます。使徒ペトロのこの信仰宣言は、イエスご自身によって誘発されたものです。イエスは弟子たちに、ご自身との関係をより決定的にするための一歩を踏み出して欲しいとを望んでおられました。実際、十二使徒をはじめ、ご自分に従う者たちと共にするイエスの歩みは、彼らの信仰教育の歩みでした。最初にイエスは問います。「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」(同16,13)。弟子たちも、わたしたちのようにうわさに耳を傾けるのが好きだったでしょう。他者について話すことはさほど難しくはありません。だからこそ、わたしたちは他者のうわさができるのです。しかし、このイエスの問いは、単なるうわさ話を越えた、信仰を視野にした問いでした。イエスは問います。「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」。弟子たちは、人々の様々な意見を口々に報告しました。おそらく弟子たちの多くも、その見方を共有していたかもしれません。つまるところ、ナザレのイエスは預言者である、という考えです(参照:同16,14)。

イエスは、第二の問いかけによって、本質に迫ります。「それでは、あなたがたはわたしを何者だというのか」(同16,15)。この時、わたしたちは一瞬の沈黙を感じることでしょう。なぜなら、そこにいるすべての人は、イエスに従う理由を表し、自らを賭けるようにと招かれているからです。ですから、ある種の躊躇は当然でしょう。もし、わたしもここで皆さんに「あなたにとって、イエスとは何者ですか」と尋ねたならば、そこで皆さんも一瞬考え込むでしょう。この気まずい沈黙をやぶって、シモンは思い切って答えました。「あなたはメシア、生ける神の子です」(同16,16)。この完全で、照らされた答えは、彼が寛大だからといって、衝動的に口をついたものではありません。それは、天の御父の特別な恵みの実りでした。実際、イエスもペトロにこう言われました。「あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ」(同16,17)。イエスにおける信仰を表すことができるのは、御父の恵みです。イエスが生ける神の子である、贖い主である、と言えることは、わたしたちが願うべき恵みです。わたしたちは、「御父よ、イエスにおける信仰を表す恵みをください」と願わなくてはなりません。

同時に、主は、恵みに促されたシモンのとっさの答えを認められ、厳かな口調でこのように続けられました。「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない」(同16,18)。この明言をもって、イエスはシモンに、彼に与えた、「ペトロ」という新しい名前の意味を理解させようとしました。彼が言い表したばかりの信仰は、壊れることのない「岩」であり、神の御子はその上にご自身の教会、共同体を築くことを望まれます。教会は常に、イエスが認め、教会の頭とした、ペトロの信仰の上を歩みます。

今日、わたしたちは、一人ひとりに向けられたイエスの問いに接します。「それでは、あなたがたはわたしを何者だというのか」。わたしたち一人ひとりが、理論上ではない、信仰、すなわち人生に深く関わる答えを出さなくてはなりません。なぜなら、信仰とは人生だからです。「わたしにとってあなたは…です」、とイエスに告白しましょう。その答えには、イエスの最初の弟子たちにとってそうであったように、御父の声と、ペトロのまわりに集められ、調和する、教会の宣言し続ける声を、心の奥で聞くことを必要とします。それは、わたしたちにとって、キリストとは何者なのか、という問いです。もし、キリストがわたしたちの生活の中心であるならば、それはわたしたちの教会や社会におけるあらゆる取り組みの目的となるはずです。わたしにとって、イエス・キリストとは誰でしょうか。あなたたち、一人ひとりにとって、イエス・キリストとは誰でしょうか。それはわたしたちが毎日答えていくべきものなのです。

わたしたちの共同体の司牧が、いたる所に見られる多くの貧困や緊急事態に対して開いていることは、不可欠であると同時に称賛すべきことです。愛(カリタス)は、常に信仰の歩みとその完成のための一番の道です。わたしたちが行う連帯の業、慈愛の業が、主イエスとの出会いを歪めないことが必要です。キリスト教的な慈愛は、単なる博愛主義ではなく、イエスと同じ眼差しで他者を見つめると同時に、貧しい人の顔にイエスを見つめることです。これが、常にイエスを中心に据えた、真のキリスト教的な愛の道です。

信じたゆえに幸いである方、至聖なるマリアが、キリストにおける信仰の歩みの導き手、模範となってくださいますように。そして、キリストへの信頼が、わたしたちの慈愛の業と全人生に豊かな意味を与えるということを自覚させてくださいますように。

23 8月 2020, 19:12